ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アマゾンの強烈な幻覚剤「アヤワスカ」を求めて

アマゾンの強烈な幻覚剤「アヤワスカ」を求めて

南米の広大なジャングルで先住民族がとり行う「アヤワスカ」という儀式がある。

先住民の中には神や精霊などと直接交流し予言や病気の治療などを行う霊的な力を持った「シャーマン」が現存している。そのシャーマンの協力のもと、ジャングルに生育する様々な植物を煮込んだお茶「アヤワスカ茶」を飲めば、心や魂が治療され、精霊の世界と繋がり、過去や現在、未来、前世、来世がまるで映画のように見えるのだ。

強烈な幻覚、幻聴とともに嘔吐や下痢を引き起こすが、身体や心に溜まった毒を排出でき、その人に必要な「ビジョン」を見せてくれる。アヤワスカは地球上でもっとも強力なスピリチュアルドリンクだろう。

今夜から8日連続でお伝えする話は、到底信じることができないかもしれない。

ただ僕は、アヤワスカで見た世界や感じたことをありのままに話そうと思う。

いざ、冒険の始まり

小学校卒業後、12歳のときに船で地球一周の旅を経験した。幼いながらも、日本とは全く異なる文化や人々、そして圧倒的な大自然と触れ合った。

同じ人間なのに、国が変わると善悪や常識、幸せの形がまるで違うことが分かった。その時から僕は、学校や社会に示されるあるべき成功者の姿に疑問を抱くようになった。

高校を卒業し、地元の佐賀県から上京した。

一年が経った頃、僕は東京の窮屈さに飽き飽きしていた。そして、人里離れた群馬県の山で自給自足の暮らしをすることに決めた。

誰もいない山の頂に家を建て、太陽光で電気を作り、畑を耕し、自給自足の暮らしを実践している一人のおじいさんのもと、自然の中で生きていく術を学んでいた。

そんなある日、自らを「UFO写真家」と称する不思議な男性が訪ねてきた。

僕は彼から初めてアヤワスカの存在を聞いた。

彼はアヤワスカで前世のビジョンを見たという。過去生では宇宙船の船長で地球を見学しに何人かとオーストラリアへ着陸した。そしてそこに広がる地球の壮大な景色に魅せられ、故郷の星には帰らず地球で暮らすようになったという。それから時が経ち、アボリジニの祖先となったというのだ。

自分の体験をありのままに話す彼を見て、到底ウソとは思えなかった。そんな体験ができる儀式があるのだと衝撃を受けた。前世や過去生、精霊や超能力、そんな世界の存在をこの目で確かめたいと思った。

アヤワスカを求める僕の旅はこうして始まった。Top photo: © Dr Morley Read/Shutterstock.com

関連記事リンク(外部サイト)

【世界初】アマゾンの熱帯雨林でプロジェクションマッピング
4,400億円を投じたAmazon新社屋が、リアルにアマゾンだった。
【保存版】アマゾン編集者が投票で選んだ「世界の名著20選」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy