ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Nシステムとオービスを簡単に見分けるポイント

Nシステムとオービスを簡単に見分けるポイント

路上に設置されたカメラといえば、無人式の速度取り締まり装置のオービスをイメージするはず。しかし、路上にはさまざまなタイプのカメラが設置されています。路上のカメラを見るたびにオービスと勘違いしていては落ち着かないもの。そこで、オービスと路上の監視カメラを見分けるポイントを紹介しましょう。

Nシステムはナンバープレート撮影

路上に設置されているカメラは多種多様です。「Nシステム」は通過車両のナンバープレートを撮影している警察の監視カメラ。「Tシステム」も交通状態の管理が目的で、通過車両のナンバープレートを撮影するカメラです。ただし、こちらは管轄が国土交通省になります。

「ETCカメラ」は、車載のETC端末と連動して、ドライバーの顔やナンバーなどを撮影。悪質な車両のデータは警察へ供出されます。

一方、無人式の速度取り締まり装置のオービスは4種類。Xバンド(10.525GHz)のレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」。そして、近年主流になっているのが、道路に埋め込まれたループコイルによって測定する、「ループコイル式オービス」と「LHシステム」です。

Nシステムによく似ているオービス

このうち、レーダー波を使うレーダー式オービスとHシステムは独特の形状をしたレーダー部が路上に設置されているため判別は容易でしょう。ループコイル式オービスはカメラが路肩や中央分離帯などに設置されているため、路上の監視カメラと間違えることはありません。

そして、路上の監視カメラと混同しやすいオービスがLHシステム。地中に埋設された磁気センサーで車速を測り、違反車両の撮影は路上に設置された赤外線ストロボとCCDカメラで行うのがLHシステムの仕組みです。

この赤外線ストロボとCCDカメラの組み合わせの形状が、NシステムとTシステムによく似ています。LHシステムを見分けるポイントは、支柱にされている赤色灯付きの制御ユニット。これがあるかどうかで容易に見分けられます。ただし、制御ユニットの赤色灯が見えないように設置されているケースもあるので注意が必要です。

また、赤外線ストロボとCCDカメラをセットとする撮影ユニットの数が、車線数を超えないこともLHシステムを見分けるポイントになります。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。