体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水族館デートならココ!大人が楽しいおすすめ水族館12選【東日本】

横浜・八景島 シーパラダイス

生き物がかわいい♪のはもちろん、ストレスを癒し、知的好奇心を満たしてくれるのが今どきの水族館。今回は、海の神秘に包まれ未知の世界を垣間見れる、デートにもぴったりな大人が行くべきおすすめの水族館を厳選してご紹介します!

眺めているだけで、異世界に引き込まれるような2000匹のクラゲのダンスや、幅14mの大水槽でキラキラと舞う迫力のイワシの大群泳、大人限定のバックヤードツアーなど、どこも大人になった今だからこそより楽しめる水族館ばかり。

是非今度のおでかけや、デートプランの参考にして下さいね!

記事配信:じゃらんニュース

圧倒的な海の神秘を感じ、全てを忘れて…

太陽光や本物の海を上手く採り入れ、自然の美しさや雄大さを表現した展示が増加中。そこにいるだけで大きな海に包まれるような感覚に、日ごろの疲れも溶けてゆきそう。

1.環境水族館 アクアマリンふくしま【福島県いわき市】

二つの海流がぶつかる福島沖。豊かな生態系を仰ぎ見る。

環境水族館 アクアマリンふくしま自然光に照らされる「潮目の海」。向かって左が黒潮、右が親潮で水温も魚も異なる 環境水族館 アクアマリンふくしま黒潮を力強く泳ぐカツオ 環境水族館 アクアマリンふくしま裸足になり生物と触れ合う巨大タッチプール「蛇の目ビーチ」 環境水族館 アクアマリンふくしま大水槽を眺めながらいただける「潮目の寿司」1620円

建物全体がガラスに囲まれ、水族館では珍しい自然光が降り注ぐ。「潮目の海」は親潮と黒潮が出会う様子を二つの水槽で表現。三角トンネルの内側から眺める魚の群れは圧巻。4月にリニューアルオープンした、福島沖の魚を集めた「ふくしまの海~大陸棚への道~」にも注目。

ここにも注目の、癒やしポイント

環境水族館 アクアマリンふくしま植物も含めて自然環境を再現した「熱帯アジアの水辺」

環境水族館 アクアマリンふくしま

TEL/0246-73-2525

住所/福島県いわき市小名浜字辰巳町50

営業時間/9時~17時30分(季節変動あり)

定休日/なし

料金/入館料一般1800円、小学生~高校生900円

アクセス/電車:JR泉駅より新常磐交通バス小名浜・江名方面行きで15分、支所入口より徒歩10分

車:常磐道いわき湯本ICより20分

駐車場/500台

「環境水族館 アクアマリンふくしま」の詳細はこちら

2.鶴岡市立加茂水族館【山形県鶴岡市】

眺めているだけで、異世界に引き込まれるようなクラゲたち。

鶴岡市立加茂水族館直径5mの水槽にミズクラゲが浮遊する様子は幻想的。成長すると傘が40cmにもなる 鶴岡市立加茂水族館1日に約1000匹が生まれるミズクラゲ 鶴岡市立加茂水族館100m以深に棲むアマガサクラゲ。生態は謎が多い 鶴岡市立加茂水族館美しく発光するオワンクラゲ

50種以上のクラゲを飼育展示する世界最大級のクラゲ水族館。約2000匹のミズクラゲが漂う「クラゲドリームシアター」を眺めていると、時間を忘れてしまいそう。世界のクラゲの展示や給餌解説のショーなどもある。

ここにも注目の、癒やしポイント

鶴岡市立加茂水族館月一でふわふわ漂うクラゲと音楽を楽しめる「音楽の夕べ」は5月26日・6月17日に開催(予約不要) ※写真はイメージです。
1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。