体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジョージアで沈没する人に捧ぐ!絶景すぎる「天国に近い教会」5選

ジョージアで沈没する人に捧ぐ!絶景すぎる「天国に近い教会」5選

世界一周中の皆様!ずーっと移動の旅を続けていると、どこかで「沈没」してしまいそうになりませんか?

バックパッカーの沈没地としてよく聞くのは、エジプトのダハブや、トルコのイスタンブール。その他にも、「ジョージア」という国も沈没者が続出しているのをご存知でしょうか。

実際に行ってみると物価が安く、料理もお酒も美味しいので、確かに沈没してしまう気持ちもわかります!しかし、実はジョージアやその隣国には、ビックリするくらいの絶景スポットがあるのです!

今回はその中から、少しでも神様に近付きたかったのだろうな…と思わせる場所に建てられた教会や、修道院の数々をご紹介したいと思います。

宿でゆっくりするのもいいですが、ぜひこれから紹介する絶景スポットへも足を運んでみてください。

 

【ジョージア】カズベキ村にある「ツミンダ・サメバ教会」

photo by さかち

まずは、ジョージアのカズベキ村というところにある「ツミンダ・サメバ教会」をご紹介したいと思います。こちらの教会は、別名「天国に一番近い教会」とも呼ばれています。

カズベキ村へは、ジョージアの首都トビリシから、バスもしくは車で2~3時間ほどで行くことができます。

トビリシには何ヶ所か大きなバスターミナルがあるのですが、カズベキ村へは、「ディドゥベ」という駅にあるバスターミナルからバスが出ています。

バス以外にタクシーでも行くことができますし、トビリシからカズベキ村に戻る人の車にお金を払って乗せてもらうという方法もあります。

そのカズベキ村にある、標高2000mの山の山頂にあるのが「ツミンダ・サメバ教会」です。

photo by さかち

実は、教会までは車でも登れてしまうのですが、ここはやっぱりトレッキングすることをオススメします。

結構急な斜面なのですが、振り返れば常に絶景が広がっているので、疲れも忘れてしまうほどです!

photo by さかち

山頂までは、登り始めてから約1時間ほどで到着します。すると、さらに疲れを吹き飛ばすほどの姿でツミンダ・サメバ教会が迎えてくれます。

本当に空が近くて、まさに「天国に一番近い教会」と言っても過言ではないかもしれません!少しでも神様に近付きたいと願った人々の気持ちが伝わってくるようです。

photo by さかち

古くからの姿を綺麗に残したままの教会も素晴らしいのですが、それ以上に、教会から見るカズベキ村の眺めが最高なのです。

神様は、ここよりもっと高いところから、毎日こんな絶景を眺めておられるのですね…。

photo by さかち

季節にもよるかもしれませんが、午後には天候が悪化してしまうことが多いようなので、もし登られる際は、午前中に訪れることをオススメします。

ちなみに、カズベキ村にはホテルのような宿泊施設はほとんど無く、ゲストハウスに泊まることになると思います。普通のご家庭の余っている部屋にホームステイさせていただく感じです。

photo by さかち

ジョージアの家庭料理も振舞ってもらえますし、本当にアットホームで、まるで小さい頃に田舎のおじいちゃん・おばあちゃんのお家に泊まりにいったような体験をすることができます。

冬、気温は寒くても、とっても心が温まる場所なので、ぜひ泊まりの予定でカズベキ村を訪れてみてはいかがでしょうか!

 

【ジョージア】メスティア村の「山の上にある十字架」

photo by さかち

続いてご紹介したいのもジョージア。メスティア村の山の頂上に建つ十字架です。

メスティア村へは、首都トビリシのステーションスクエア駅の前にあるバスターミナルからバスが出ています。筆者が訪れた2016年時点では、朝7時発の一日一本しかバスがありませんでした。

バスに無事に乗ることができれば、途中悪路はありますが、トビリシからバスで約9時間ほどで到着します。

メスティア村自体、自然にあふれていて、空気も非常に美味しく素晴らしい場所です。自然以外にも、9~12世紀にかけて建てられた「復讐の塔」という興味深い建物を見ることもできます。

photo by さかち
1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。