ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5カ国語を話せる! 外国人タクシー運転手、嬉しかったことは…

5カ国語を話せる! 外国人タクシー運転手、嬉しかったことは…
J-WAVEで放送中の番組『ACROSS THE SKY』(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「TOKYO TREASURE」。5月20日(日)のオンエアでは、東京オリンピックに向けて増えている、外国人のタクシー運転手に注目。日本で活躍するポーランド出身の女性運転手に話を伺いました。

■語学堪能なタクシードライバー

年々増え続ける訪日外国人に対応するため、各タクシー会社では、多言語コミュニケーションに長けている外国人ドライバーを、積極的に採用する動きが高まっています。

そこで、「日の丸交通」でタクシー運転手をしている、ポーランド出身の津上・サバ・ファビオラさんに伺いました。  

ファビオラさんは、語学留学を目的に来日し、早稲田大学で博士課程まで進学。語学が堪能で5カ国語(ポーランド語、日本語、英語、ロシア語、中国語)が話せるだけでなく、現在はスペイン語も勉強しています。

タクシー運転手になろうと決意したのは、運転が好きで、休みがたくさん取れてスケジュール調節がしやすいからだそう。日本人でも難しいと言われる第二種運転免許に合格した津上・サバ・ファビオラさんは、4月18日(水)から正式にドライバーになりました。

■印象的なお客さん

今回は、東京駅前の新丸ビルから、J-WAVEのある六本木ヒルズ森タワーまで運転していただきました。まだ慣れてはいないものの、いろいろなお客さんが話しかけてくれるのが楽しいそうです。そこで、印象に残ったことをお訊きしました。

ファビオラ:アメリカ人を乗せたときに、 料金は1600円ぐらいだったんですけど、1万円を渡して「お釣りはいらない」って言ってくれました。その方は日本にある、楽器を作っている会社の社長で、女性運転手がいるとありがたいのと、外国人の運転手には辞めてほしくないから、「頑張って」という意味を込めてチップを渡してくれました。 その1万円はお守りとして、冷蔵庫に飾っています(笑)。
玄理:金額もすごいけど、その気持ちが嬉しいですよね。
ファビオラ:サポートしてあげたいっていう感じで、「日本で頑張って」って言ってもらえました。
玄理:それは励まされましたね。今後の目標はありますか?
ファビオラ:「東京観光タクシー」の認定ドライバーになりたいです。
玄理:認定をもらえると、いいことがあるんですか?
ファビオラ:お客さんを富士山などに連れて行って、一日運転をしながら日本のことを紹介することができます。
玄理:アテンドができるんですね。

運転が上手なのはもちろん、話も楽しいファビオラさん。非常に前向きで、「体力的にきついところはあるけれど頑張ります」と意気込みを語りました。

日の丸交通では、2020年の東京オリンピックまでに、200人の外国人運転手採用を目指しているそうです。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『ACROSS THE SKY』
放送日時:日曜9時−12時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。