ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飲むより食べる!チョコちょい足しの「アボカドアイスコーヒー」

飲むより食べる!チョコちょい足しの「アボカドアイスコーヒー」

ベトナムコーヒーといえば、練乳入りのあのドン甘コーヒー。実はそれ以外にも、ベトナムには「アボカドコーヒー」たるものがあるのです……。なんだソレは?!

どうやらベトナムのカフェでは普通に売っている模様。気になる材料はアボカド、コーヒー、砂糖類。まんまですね。コーヒーとありますが、どちらかといえばスムージーのほうが近いです。

Food52」のPat Tanumihardjaさんが提案するのは、甘さ控えめの乳製品抜きバージョン。読んでいるだけでも甘ったるい。でも、コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチする、なんてことも……。これは試してみるしかないですよ!

食後の一杯とデザートを合体!
「アボカドアイスコーヒー」

飲むより食べる!チョコちょい足しの「アボカドアイスコーヒー」

人によるかもしれないけれど、このデザートドリンクは誰もが欲しがる“すべて”が備わっている、と私は思っています。つまりアボカドから「3 in 1インスタントコーヒー(コーヒー&砂糖&ミルクの全部入り)」、練乳、チョコレートシロップやシュガーシロップまで。

私が提案する乳製品抜きバージョンでは、精製された砂糖は少なめ、ココナッツミルクにココナッツウォーターを組み合わせてつくりました。

材料:2人分

ココナッツシュガーもしくはブラウンシュガー:適量

濃いめのコーヒー:1/2カップ

ココナッツミルク:1/2カップ(私はChaokohというブランドが好き)

ココナッツウォーター:1/2カップ

チョコレートシロップ:適量

熟成アボカド(半分に切り、種をくり抜く):中サイズ1個

作り方
下準備:10分 調理:1分

【1】コーヒーが温かいうちに砂糖を入れて、冷ます。

【2】注ぎ口がついた大きめの容器(私は3カップ分の軽量カップを使用)にココナッツミルク、ココナッツウォーター、コーヒーを入れる。味を見て、お好みでコーヒー、もしくは砂糖を足して調整。

【3】背の高いグラスの内側をチョコレートシロップでコーティングしたら、ティースプーンを使ってアボカドをすくい、グラスに落とす。

【4】さきほどのココナッツコーヒーを2つのグラスに均等に注ぐ。氷を浮かべて、お好みでチョコレートシロップを垂らす。そこに長いスプーンとストローを差したらできあがり。Written by Pat TanumihardjaLicensed material used with permission by Food52

関連記事リンク(外部サイト)

「アボカドコーヒースムージー」で新しい一日のはじまりを
2018年、人類とアボカドの新たな出会い。
夜中に目が覚めたとき、私が飲むのはこのコーヒー。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。