体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【間取り解説】1DKと1LDKってどう違うの?一人暮らし、同棲で快適に使うワザ

1DK、1LDKなら、一人暮らしでも同棲でもゆったりくつろげる!

1DK、1LDKの間取りは居室と寝室が分けられるのが最大のメリットだ。一つの居室とキッチンという構成は1Kと同じだが、キッチン部分が広いので、さまざまな楽しみ方ができる。

今回は、1DK、1LDKでより快適に暮らすために、それぞれの間取りの特徴や部屋づくりのワザを紹介する。一人暮らしにおすすめな1DKと、二人暮らしにぴったりな1LDK。それぞれの特徴と快適に使うワザをご紹介

一人暮らしにおすすめな1DKと、二人暮らしにぴったりな1LDK。それぞれの特徴と快適に使うワザをご紹介そもそも1DK、1LDKって?

1DKは、一つの居室とダイニングキッチン(DK)、1LDKは、一つの居室とリビングダイニングキッチン(LDK)で構成される間取りで、同じ構成の1Kとの違いは「キッチン部分の広さ」にある。

1DKと1LDKの違いも共に「キッチンのある部屋の広さ」だ。キッチンの広さと表記に関する公的な規定はないが、公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会では、1DK、1LDKの場合、DKは4.5帖以上、LDKは8帖以上と定めているので、これを目安にするといいだろう。1DK、1LDKには、さまざまな間取りがある

1DK、1LDKの間取りは、玄関側に一部屋とベランダ側にDK(LDK)があるタイプや、ベランダ側に一部屋とDK(LDK)が並んでいるタイプなど、さまざまな種類がある。部屋の明るさを重視するなら窓側に2部屋が並んでいるタイプがおすすめだ。

玄関側に部屋があるタイプは、その部屋にエアコンが設置されているか(設置できるか)がポイントになる。もし設置できなければ、その部屋を日常的に使用するには多少過ごしづらいかもしれないので、どう使用するかを考えて選ぶようにしよう。
左が1DK、右が1LDKの間取り1DKと1LDKはキッチンが広いことが多く、二人暮らしが可能な物件もあるのが特徴だ

1DKと1LDKはキッチンが広いことが多く、二人暮らしが可能な物件もあるのが特徴だ1DK、1LDKの良いところ、悪いところ

1DK、1LDKは居室と寝室を分けられるので料理のニオイが寝室に入りにくく、キッチン部分が広いので料理も快適にすることができる。また、寝室のトビラを閉めておけば友人を部屋に招いたりする場合でもプライベートが守れる。床面積が広めの部屋が多いので、家具選びの自由度が高いのもポイントだ。

一方、間取りにもよるがキッチンが居室にあるため、生活感が出やすい傾向があるのも事実。ワンルームや1Kと比較すると、家賃や光熱費が高くなりやすいというデメリットがあるのは忘れてはならない。二人暮らしの場合、ほぼ全ての空間を相手と共有することになるので、荷物の量や生活のリズムを考える必要があるといえよう。【メリット】

①.寝室と居室を分けることができる

②.プライベートを守れるので、友人を呼びやすいので友達呼んでパーティーができる

③.部屋が広いので家具選びの自由度が高く、インテリアを楽しめる【デメリット】

①.居室にキッチンがあるので、生活感が出やすい

②.一人暮らしでは、家賃、光熱費が高くなりがち

③.二人暮らしでは、お互いの生活のリズムに注意が必要

これらのメリット、デメリットを理解したうえで自分(もしくは相手)のライフスタイルと照らし合わせて部屋の間取りを決めるのがいいだろう。では、どんな人が1DK、1LDKの暮らしに向いているのだろうか?1DK、1LDK暮らしに向いている人インテリアにこだわりたい人

1DK、1LDKはワンルームや1Kの間取りに比べて広さのある物件が多いので、家具の選択肢が広がる。インテリアにこだわることができるので、自分の空間をつくり上げたい!なんて人は1DK、1LDKの住むのがおすすめだ。料理が好きな人

キッチンが広いので本格的な料理も可能。食器や調理器具が多い人でも新しく棚を置くスペースを設けたりするなど、自分のライフスタイルに合わせてアレンジもしやすい。友人をよく家に招く人

居室のトビラを閉めておけば、寝室など見せたくない部分は隠すことができる。人を招いたりする際も、プライベートを守りながら楽しめるのだ。小規模なパーティーを開くことも可能。キッチンの広さを活かして、本格的なパーティー料理も楽しめる。生活のリズムを合わせられるカップル

二人暮らしにもおすすめの間取りといえる。1DK、1LDKの二人暮らしでは時間もスペースも共有することになるので、二人の生活のリズムが合っている、お互いの暮らしぶりをよくわかっているというカップルには特におすすめだ。1DK、1LDKで快適に暮らすワザ脚付き家具でスッキリ見せる

居室が狭い1DKの場合、脚付きやラインが細めの家具を置くと、床面に「抜け感」が出て、すっきり広く見える。どっしりとした重厚な家具は、圧迫感を生み出すので、狭い部屋には不向き。ローカウンターでキッチンを仕切る

キッチンもさまざまなタイプがあるが、対面式ではない場合はローカウンターなどで仕切りを作ると、収納+目隠しになり、カウンターの上は作業スペースとしても活用できる。キッチンの前にローカウンターを置いた図。調理スペースとくつろぐスペースをうまく分けられている

ローカウンターでキッチンと居室を分け、収納スペースも確保二人暮らしでは、パーソナルスペースを作る

1DK、1LDKの空間に、四六時中、二人一緒にいると、ストレスを感じることも少なくない。スペースが許せば、家具やカーテンで部屋を仕切ってパーソナルスペースを作るといい。家具などの高さが90cmなら「仕切った感じ」、120cmなら「こもる感じ」、180cmなら「独立感」が得られる。リビングに仕切りを設置した図。二人暮らしの場合、こうすることで、それぞれの時間を楽しむことができる

いくら仲が良くても、二人暮らしでは距離感が大切になってくる1DK、1LDKでソファを置くならタイプを選んで

部屋のかたちにも左右されるので一概には言えないが、暮らしに最低限必要なものを入れ込むと、長方形の間取りであれば8.5~9帖程度が目安になる。

「8.5帖未満の広さしかないけど、どうしてもソファを置きたい!」という人は、動線寸法を狭くする、家具を小さくする、収納をコンパクトにするなどの工夫を。

また、二人掛けソファの大きさもマチマチなので、座面は広くとりつつ、コンパクトに置けるアームレスタイプや、ダイニングテーブルとソファにこだわらないのであれば、ソファを使うLDKセットなども検討してみて。一人暮らしでも同棲でも1DK、1DLKで快適な暮らしを

一人暮らしでは、本格的な料理をしたり、インテリアにこだわったりと楽しみの幅が広く、二人暮らしでは、生活のリズムを合わせて、スペースを有効活用。1DK、1DLKは、さまざまな暮らしのスタイルに合わせられる間取りだ。自分が目指すスタイルに合ったワザを活用して、快適な1DK、1DLK暮らしを楽しもう!教えてくれたのは?鈴木理恵子先生

オールアバウトインテリアコーディネートガイド。ハウスメーカーのインテリアアドバイザーとして、住宅などのインテリアコーディネートを担当。現在はフリーランスの立場で、ネットショップや雑誌のインテリア記事などを執筆している。
web:https://allabout.co.jp/gm/gp/362/

1DKの賃貸物件はこちら!
1LDKの賃貸物件はこちら!

監修=鈴木理恵子
文=小林ぴじお
イラスト=KOH BODY

[関連記事]
▼【間取り解説】ワンルームのメリット&デメリット! 狭めの1Rでも快適に過ごすワザ
https://www.chintai.net/news/2018/04/18/21430/あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。