体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【岡山】雨の日のお出かけに!室内で遊べるスポット15選。観光にもおすすめ

【岡山】雨の日のお出かけに!室内で遊べるスポット15選。観光にもおすすめ

今回は、岡山でおすすめの室内観光スポットをご紹介します。

美術館に博物館、水族館など。天候に関係なく楽しめるスポットです!

雨の日でも、お出かけを楽しみましょう。

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

倉敷アイビースクエア

倉敷アイビースクエア出典:じゃらん 観光ガイド 倉敷アイビースクエア

明治の名残を収めたレンガ、その壁面に蔦(アイビー)をまとう工場の建物を利用した施設。ホテル・ラウンジ・食堂・倉紡記念館・アイビー学館・児島虎次郎記念館がある。

\口コミ ピックアップ/

蔦が絡まる赤レンガの外壁は美観地区内のフォトスポットですね。回廊と中庭テラスのある趣きある建物です。(行った時期:2018年1月)

写真うつり抜群のロケーションで 美しいまちなみに 時間を忘れて散策をしました。綺麗に整った日本の歴史を感じられる最高のデートコースだと思います。お土産物やさんも趣があり ワクワク度が半端ない レトロな街(行った時期:2017年9月9日) 倉敷アイビースクエア

住所/岡山県倉敷市本町7-2

「倉敷アイビースクエア」の詳細はこちら

大原美術館

大原美術館出典:じゃらん 観光ガイド 大原美術館

本館・分館・工芸・東洋館からなる。本館には西欧の近代絵画と彫刻を合わせ約140点を常時陳列してある。主な作品はエル・グレコの「受胎告知」、ゴーギャンの「かぐわしき大地」などである。分館は近代日本の洋画と、日本の現代絵画、彫刻の常設館となっている。工芸館にはバーナード・リーチなど4大陶芸家の作品が1階と2階に2つずつの個室を設けて陳列されている。強烈な個性と独特のタッチによって版画界に新境地を展開した棟方志功の版画作品が、壁に掲げた大作からガラスケースに入った小品まで数十点が展示されている。染色としては日本の型染や琉球紅型の美を深く追求してきた芹沢けい介作品が展示されている。東洋館には中国の古美術と、石仏・俑・銅器・陶器など、先史から中世頃の東アジアの美術品が合わせて展示されている。

\口コミ ピックアップ/

倉敷に行ったらいろんな美術館がありますが、まずはここだと思い、行って見ました。難しい解説がなく、絵画と作者、作成時期などの簡単な紹介のみです。詳しく知りたい方にはイヤホンのガイドもあります。静かで、海外の方も含めみなさんマナー良く観覧していて、気持ちよく過ごすことができました。(行った時期:2018年1月) 大原美術館

住所/岡山県倉敷市中央1丁目1-15

「大原美術館」の詳細はこちら

岡山市立オリエント美術館

岡山市立オリエント美術館出典:じゃらん 観光ガイド 岡山市立オリエント美術館

土器やガラス器、彫刻美術など、人類最古の文明が花開きシルクロードで東西を結んだ中東古代オリエントの出土品数千点を展示。

\口コミ ピックアップ/

とにかく全てに感動した。建物の中がきれいにされていて、展示物も、展示方法も、本当に見ていて引き込まれる感じだった。じっくり見入った。喫茶店のコーヒーも、スパイス入りのもので、美味しかった。また行きたくなる美術館だった。(行った時期:2018年1月18日)

オリエントやイスラムにテーマを特化した市立美術館です。ルーブル美術館のハンムラビ法典、大英博物館のアッシリア・レリーフのレプリカなど有名所も展示されています。(行った時期:2016年9月) 岡山市立オリエント美術館

住所/岡山県岡山市北区天神町9-31

「岡山市立オリエント美術館」の詳細はこちら

奈義町現代美術館

奈義町現代美術館出典:じゃらん 観光ガイド 奈義町現代美術館

建築家 磯崎新氏プロデュースのもと3組のアーティストへ作品を依頼し、それぞれ太陽、月、大地の3つの展示室からできています。空間の形や光、視点と感触、過ぎゆく時間とあらゆる要素が一体化した場に身を置いて、ひとときの瞑想をお楽しみください。

\口コミ ピックアップ/

太陽、月、大地と名付けられた3つの展示室があります。作品ありきで建物が造られているようで驚きました。どの展示室も時間や天候(外光の入り方)等で大分雰囲気が変わって見えるのではないかと思います。私が訪問したときは人が少なくゆっくりと作品を鑑賞することができとても良かったです。(行った時期:2017年8月)

外観がとてもいいです。立体的で思わずスマートフォンで写真を撮りたくなる外観をしています。中にある現代美術もおもしろいです。(行った時期:2017年5月) 奈義町現代美術館

住所/岡山県勝田郡奈義町豊沢441

「奈義町現代美術館」の詳細はこちら

犬島精錬所美術館

犬島精錬所美術館出典:じゃらん 観光ガイド 犬島精錬所美術館
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。