体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【広島】雨の日のお出かけに!室内で遊べるスポット18選。観光にもおすすめ

【広島】雨の日のお出かけに!室内で遊べるスポット18選。観光にもおすすめ

天候に関係なく楽しめるおすすめ室内観光スポットをご紹介!

博物館や美術館など落ち着いて過ごせるスポットから

工場見学やクラフト工房まで、さまざまなスポットがズラリ。

広島で雨でもすてきなお出かけを満喫できるおすすめを集めました。

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

宮島水族館「みやじマリン」

宮島水族館「みやじマリン」出典:じゃらん 観光ガイド 宮島水族館「みやじマリン」

2011年8月1日にリニューアルオープンした、世界遺産の島、宮島に立地する宮島水族館。景観に配慮した珍しい瓦屋根の和風建築の水族館です。「いやし」と「ふれあい」を基本理念に、海の生きものをより身近に感じられる体感型の水族館をめざしています。展示する生きものは瀬戸内海を中心に350種13,000点以上。本館では10のゾーンで瀬戸内海の神秘的な世界を紹介しています。また、海獣エリアではペンギンをはじめアザラシやトド、コツメカワウソなど愛らしい動物が皆さんをお待ちしています。さらにライブプールでは毎日アシカライブを開催。ぜひ皆さんでお越しください。

\口コミ ピックアップ/

宮島観光ついでに寄った感じでしたが、良い意味で裏切られました。宮島の特性を生かした素晴らしい水族館です。淡水と海水に恵まれた場所なので海だけでなく綺麗な川の魚もたくさん見れました。あとは牡蠣の養殖の大水槽には大人も子供も大はしゃぎ!ドクターフィッシュ体験やアシカショーもあり一日いても飽きません。

(行った時期:2018年2月)

ペンギンの餌やりを見ることが出来ました。

餌の種類やペンギン一匹ごとの名付け方法など、飼育員の方の説明も興味深く面白かったです。

牡蠣いかだは他の水族館ではあまり見られないと思うので必見です。

(行った時期:2018年1月) 宮島水族館「みやじマリン」

住所/広島県廿日市市宮島町10-3

「宮島水族館「みやじマリン」」の詳細はこちら

海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)

海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)出典:じゃらん 観光ガイド 海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)

日本で初めて、実物の巨大潜水艦を陸上展示する博物館「海上自衛隊呉史料館(愛称:てつのくじら館)」は、「潜水艦の発展と現況」や「掃海艇の戦績と活躍」などに関する歴史的な資料を通して、海上自衛隊の歴史や、呉市と海上自衛隊の歴史的な関わりについて紹介する史料館です。 陸揚げされた実物の巨大潜水艦に乗艦することもでき、艦内には、艦長室や士官室などの艦内生活の一部が再現され、潜水中の環境や生活を疑似体験できるほか、潜水艦の構造を実際に「見て」、「触って」、「体感する」貴重な体験ができる史料館です。

\口コミ ピックアップ/

海上自衛隊の広報施設です。海軍カレーが館内で食べれます。早めにいかないと売り切れてしまいます。本物の潜水艦内部も見ることができます。すごいです。

(行った時期:2017年12月) 海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)

住所/広島県呉市宝町5-32

「海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)」の詳細はこちら

広島県立歴史博物館 (ふくやま草戸千軒ミュージアム)

広島県立歴史博物館 (ふくやま草戸千軒ミュージアム)出典:じゃらん 観光ガイド 広島県立歴史博物館 (ふくやま草戸千軒ミュージアム)

福山市の福山城公園内にある本格的な歴史博物館。同館は地上2階、地下1階で,中世の港町として知られている草戸千軒町遺跡の調査成果を保存するとともに、草戸千軒の町並みの実物大復原及び国の重要文化財に指定されている出土品を展示公開している。

\口コミ ピックアップ/

草戸千軒の実物大を再現された町並みのレプリカは細かい所まで復元されていて感動しました。駅から近いので利用しやすいです。

(行った時期:2017年5月)

雨に濡れた福山城の桜の古木も良かったのですが、雨宿りで入ったすぐそばのこの博物館には、日本のポンペイがありました。

それは、洪水で一夜にして押し流されたと当初考えられていた、草戸千軒の町です。

圧巻は、10年以上かけて発掘分析された当時の集落の復元展示です。説明文も何も添えられていなくて、当時の家、仏堂、作業小屋、庭の木、井戸、器物、道具、衣類などが、復元された建物の内や外に置かれていて、まるで自分たちが一緒にそこで生活しているかのような錯覚に陥ります。展示ホールの照明も、自分が夕暮れ前の集落に居るような気になってしまいます。そしてどこか懐かしい郷愁さえ感じるのです。

最後に、蜂の巣、蝉、蝉の殻、蓑虫、雲の巣や蛙などが、どこかに気づかないような自然な展示に隠されているのか、子供に帰って探す楽しみもありました。

そのほかの展示も見る側の気持に添っていて、ビデオコーナーもあり、気がつくと、雨宿りで入っただけのつもりが、2時間近くたってしました。

雨宿りだったのに、そんな素晴らしい体験ができた幸運に感謝です。

(行った時期:2017年4月11日) 広島県立歴史博物館 (ふくやま草戸千軒ミュージアム)

住所/広島県福山市西町2-4-1

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。