ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鼻からスイカ?私は“無痛分娩”だから痛みは感じない!・・・余裕のつもりがまさか!? by ぺぷり

こんにちは! ゼクシィbabyみんなの体験記をご覧の皆さま。

おませな6歳娘と、イヤイヤ期真最中の3歳息子を育児中の、ズボラ母のぺぷりです。

この春から息子も入園したため、久しぶりの一人時間をどう過ごしていいのかわからない今日この頃です。

突然ですが、私は痛みに非常に弱いです。

f:id:akasuguedi:20180516130216j:plain

このエピソードは、大人になった今でも、たまに実母にいじられます・・・とほほ。 前回エピソード:スタジオ撮りも自宅撮りも!大切な我が子と一心同体な日々を残す「マタニティフォト」by ぺぷり

親になった今でも、自分はもちろん、我が子が注射をする時に刺されるその部分を見ることができないのです。

注射を嫌がる我が子に「大丈夫だよ~、すぐに終わるからね~怖くないよ~」というくせに、 その本人の方がビビっているという情けなさです・・・。

生まれてから三十云年、痛いことを徹底的に避けてきた私にとって最大の試練が、

「出産」!

一歳差の妹は、気が付くともう生まれていたかんじで、「出産」がどういうものかぴんと来ていなかった幼少期。

ところがある日、子供はコウノトリさんが運んできてくれるのでもなく、キャベツからでてくるのでもなく、 お母さんのおまたから生まれてくるのだと知った時は衝撃的でした。そして、例えようもないほどに恐怖したものです。

f:id:akasuguedi:20180516130640j:plain

当時は裂けることや切開することは知らなかったものの(知ってたら想像して失神ものです)、とてもおそろしく、自分が女として生まれてきたことを呪ったものです。

f:id:akasuguedi:20180516130713j:plain

そんな恐怖の「出産」でしたが、ドラマか何かで「無痛分娩」なるものがあると知った時から、「私は無痛分娩で生む!」と心に決めました。

f:id:akasuguedi:20180516130752j:plain

その後結婚し、妊娠が分かった時、真っ先に「無痛分娩」の取り扱いのある産婦人科を探しました。探し始めて初めて知るのですが、「無痛分娩」の取り扱いのある産婦人科は、案外少ない!ということでした。

「私の住んでいる市には一つもない・・・。隣町には二つだけあるみたいだけど・・・」

少し遠いけれど、そんなことは言っていられない!ということで、隣町の「無痛分娩」の取り扱いのある産婦人科に通うことになりました。

出産が近づくにつれ、色んな出産体験記を読んで恐怖するも・・・

f:id:akasuguedi:20180516130903j:plain

と、無敵の仲間を得たような気がして余裕ぶっこいていたのですが・・・

f:id:akasuguedi:20180516130938j:plain

私の通っていた産婦人科は、あらかじめ出産日を決めて初期のころから麻酔を入れる『計画無痛分娩』は行っておらず、通常通り陣痛が始まって、ある程度(というかむしろ終盤?!)お産が進行してからしか麻酔を入れてもらえないことを知って驚愕!

「出産体験記を見てると、出産の痛みよりも、陣痛の方が辛いらしいのに・・・。 たしかに、無痛陣痛じゃなくて、無痛分娩だから、その言葉通りなのだけど・・・」

なんだかだまされたような気分(勝手に)になったものの、もうはち切れそうなくらいに大きくなったお腹は待ってくれません。

f:id:akasuguedi:20180516131042j:plain

そんなこんなで、ついに出産の日を迎えたのでした。(次回に続きます) 関連エピソード:分娩中に助産師さんがまさかの和痛否定!「先生…追加の麻酔を打ってくれ!」 by ユーラシア

f:id:akasuguedi:20171106091135j:plain

著者:ぺぷり

年齢:30代

子どもの年齢:5歳、2歳

おませな5歳娘と、イヤイヤ期真最中の2歳息子と、単身赴任中の夫と暮らしている、ずぼら母です。

インスタグラム:@pepuritan

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

結局痛いのか、痛くないのか!? 3人目の出産でいよいよ無痛分娩を体験。その結果は…!? by とけいまわり
選んだ私が考える「無痛分娩」のメリットとデメリット
突然の無痛分娩

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。