ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】TWICE「Wake Me Up」が29.9万枚を売り上げ総合首位 BTS (防弾少年団)が4曲、西城秀樹さんが3曲チャートイン

【ビルボード】TWICE「Wake Me Up」が29.9万枚を売り上げ総合首位 BTS (防弾少年団)が4曲、西城秀樹さんが3曲チャートイン

 TWICEの日本3rdシングルとなる「Wake Me Up」が初週299,195枚を売り上げてシングル1位、ルックアップ3位、ダウンロード31位、ストリーミング19位、ラジオ2位、Twitter7位、動画再生6位となり、前週32位からジャンプ・アップして“JAPAN HOT100”総合首位を獲得した。ちなみに、100位内にTWICE楽曲は6曲がチャートインしていて、Twitterと動画再生が強いのと同様にストリーミングでも強く、この3指標が牽引することで順位を上げている。

 現地時間5月20日に米ラスベガスにて開催された【2018 ビルボード・ミュージック・アワード(BBMAs)】で、ファン投票により決定する<トップ・ソーシャル・アーティスト賞>を受賞、圧巻のパフォーマンスも放映されて話題を呼んだBTS (防弾少年団)。その余波とアルバム・リリースが後押しして、こちらは100位内に4曲がチャート・イン、20位以内には「DNA」、「FAKE LOVE」、「Don’t Leave Me」が総合9位、10位、11位と仲良く並んでいる。ポイント獲得の傾向としては、Twitterとストリーミングとダウンロードが強く、アーティスト自体の訴求力はもちろんだが、楽曲単体の高い訴求力もまた大きいポイント・バランスとなっている。

 5月16日に急性心不全で亡くなった西城秀樹さんの楽曲がラジオ、ダウンロード、Twitterで大きくポイントを伸ばし、突然の死を悼む声が全国的に高まったことを示す結果となった。100位内には「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」、「ブルースカイブルー」、「傷だらけのローラ」の3曲が、これら3指標のポイントによりチャートインしている。

◎【JAPAN HOT100】トップ20
1位「Wake Me Up」TWICE
2位「BE IN SIGHT」刀剣男士 formation of つはもの
3位「手遅れcaution」=LOVE
4位「Lemon」米津玄師
5位「シンクロニシティ」乃木坂46
6位「LOSER」米津玄師
7位「鬼POP激キャッチー最強ハイパーウルトラミュージック」ヤバイTシャツ屋さん
8位「Drive」WANIMA
9位「DNA」BTS (防弾少年団)
10位「FAKE LOVE」BTS (防弾少年団)
11位「Don’t Leave Me」BTS (防弾少年団)
12位「What is Love?」TWICE
13位「ドラえもん」星野源
14位「ODD FUTURE」UVERworld
15位「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」西城秀樹
16位「アイラブユー」西野カナ
17位「ガラスを割れ!」欅坂46
18位「ノー・ティアーズ・レフト・トゥ・クライ」アリアナ・グランデ
19位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
20位「打上花火」DAOKO×米津玄師

関連記事リンク(外部サイト)

5月28日付 Billboard Japan HOT 100
【ビルボード】TWICE『Wake Me Up』が299,195枚を売り上げてシングル・セールス首位
西城秀樹 追悼特別番組シャッフル放送が有線でスタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。