体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子供部屋っていつから必要?個室デビューのプロセスを早稲田大学の佐藤先生に聞いてきた

子供部屋って与えたほうがいいの? いつからデビューさせるべき?

リビングで勉強する子供が増えているという昨今、「子供部屋を作るベストなタイミングは?」「いつから寝室を分ければいいの?」と疑問に思う人も多いだろう。

子供部屋デビューは、「トライ&エラーを繰り返し、行きつ戻りつしながら実現するもの」。そう語るのは、早稲田大学人間科学術院の准教授であり、建築計画研究・こども環境学の専門家である佐藤将之先生。今回は、佐藤先生に「子供部屋に対する考え方」と「デビューまでのプロセス」を聞いた。

ポイントはこちら。

・ここ最近は「子供専用の個室」にたいする需要はなくなりつつある
・いきなり個室を与えるより、リビングなどの一角を「子供用スペース」をにするほうが安心
・子供部屋は家の中心に作る
・個室を与えるタイミングは、子供の様子を見極めたうえで決める

以下で詳しく説明しよう。なくなりつつある子供用個室の需要

「もともと日本では戦後の団地ブーム以降、1フロアをいくつかの小部屋に分けて子供と大人それぞれに個室を作るのが主流だった。しかし近年は個室の数を増やすよりも、大きなリビングのある部屋の人気が高まっているんです」と佐藤先生。

「以前は子供の小学校入学を機に、子供部屋を確保するために2LDKもしくは3LDKの部屋へ引っ越す人が多かった。しかし最近はダイニングテーブルで宿題をしたり、リビングの片隅に子供用スペースを作ってそこで勉強をさせる家庭が増えているため、個室の需要がなくなりつつあるんです」と佐藤先生は話す。親がそばにいるという安心感が、勉強のやる気を出させることもある

親がそばにいるという安心感が、勉強のやる気を出させることもある

リビングが広い物件の人気が高まってきたことにより、リビングの一部を子供用のスペースにしている家庭が増えているようだ。

ここからは、リビングの一角を子供用スペースにする具体的な方法や、子供から「自分の部屋が欲しい」といわれた場合の個室デビューのプロセスについて、佐藤先生が教えてくれたポイントを紹介していこう。①. リビングに子供専用スペースを確保するには?

佐藤先生いわく「子供にとっての生活の土台は、①カバン(ランドセル)の置き場、②勉強の場、③寝る場所の3つ。特に小学校低学年は、帰宅したらリビングに直行し、そのまま宿題をするというパターンが多いので、親の管理がしやすいリビングに勉強スペースを作ってあげるのがベストです」とのこと。

少し余裕があれば、リビングの片隅に机を置き、勉強道具や教材が入る棚も設置できれば、子供専用スペースの出来あがりだ。

「もし余裕がなければ、勉強道具が入れられる棚だけを置いて、ダイニングテーブルで勉強する形でも問題ありません。小学校に入ったばかりの頃は一人で自室にこもって宿題をするよりも、わからないことがあったらすぐ親に聞ける環境の方が勉強がはかどり、勉強の習慣も無理なく身につきます」(佐藤先生)

「そのうえ親も勉強している姿を見て安心できるというメリットもあります。そのため子育て中のファミリーにとっては個室を用意するよりも、広いリビングのなかに子供専用のスペースが確保した方が安心で便利なのです」と佐藤先生は言う。みんなが生活する場に自分のスペースができることで、子供は安心する

みんなが生活する場に自分のスペースができることで、子供は安心する②. 手始めに寝室を分けるなどして、徐々に個室に慣れさせよう

「子供が『自分の部屋がほしい』と言い出したら、たとえば最初は自室で寝ることから始めて、勉強や生活基盤はリビングのまま残す。そのうち生活基盤を自室に移して……と段階を踏んで子供部屋への移行を進めるのが最もスムーズな方法です。ある日突然距離を取るのではなく、少しずつ段階をふんで子供部屋へ移行する方がいいでしょう」と佐藤先生。

たとえばリビングでの勉強スペースも、突っ張り棒に暖簾やカーテンをかけたり、パーテーションのような棚を新しく置いたりして、プライベート感があるスペースにしてあげる。するとキッチンからでも子供が何をしているかも何となくわかり、子供の気配も感じられて安心だ。いきなり個室を与えるのではなく、カーテンなどの仕切りで子供のプライベートスペースを作ったほうが親の目も届いて安心

いきなり個室を与えるのではなく、カーテンなどの仕切りで子供のプライベートスペースを作ったほうが親の目も届いて安心

佐藤先生いわく「DIYが可能な物件なら、子供と相談しながら一緒に棚を作ったり、プライバシーが確保できる勉強スペースを作ることもできる。子供も納得したスペース作りができれば満足度も高まり、より学習への集中が期待できます」とのこと。③. トライ&エラーを恐れないことが大事

子供部屋を与える時期に関して、親はどうしても「中学生になったら個室へ移行した方がいいのではないか」「川の字で寝るのは小学生まで」などと最初から決めつけがちだ。

佐藤先生によれば、「“ベッドを試しに個室に移動させて一人で寝てみる”“ひとまず自分の部屋で一人で勉強してみる”といった、お試し期間を設けるべきだと考えます。そして“やっぱり一人で眠るのは怖い”“個室だと勉強に集中できない”となったら、また前の状態に戻してみる、このトライ&エラーを面倒くさがらないことが大切です」とのこと。

日々の生活に忙しい親は「決めたことを遂行する」ことを重要視して、子供のサインを見過ごしがち。「生活の形態を変えるのは子供にとっても大きな冒険であり、ストレスを感じることもある。少しずつ変化させ、失敗したら1ステップ戻せばいい、と大らかに考えてフレキシブルな対応をしましょう」と佐藤先生は言う。個室を与えてみてストレスが溜まっているようならまた元に戻せばOK。性格や成長度合いに合わせて柔軟に対応しよう
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。