ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

緑色が鮮やかに映える「抹茶づくしのアフタヌーンティー」


JR品川駅港南口に直結のホテル「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」内のレストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」にて、初夏の時期にぴったりの「抹茶づくしのアフタヌーンティー」が、6月1日(金)より期間限定で登場する。

「ザ・ダイニング ルーム」は、自然光あふれる水辺のレストラン。そんなゆったりとした空間で、6月1日(金)~7月31日(火)の期間、緑色が鮮やかに映える抹茶づくしのスイーツが提供される。

シェフパティシエお勧めの一品は、こしあんと黒蜜で和のアクセントを加えた「抹茶のパンナコッタ」。栗の甘露煮と共にいただく上品なスイーツだ。一口サイズの「抹茶のタルトレット」は、抹茶チョコレートと相性の良い柚子を加えて、香りの良いタルトレットに仕上げてある。


お口直しの「抹茶のタピオカドリンク」は、この時期ならではのさっぱりとしたスイーツドリンク。


セイボリーには、抹茶風味のパンにだし巻き玉子のしっとりとした食感が味わえる「抹茶の玉子サンド」が用意されている。

料金は、平日4000円/土日祝4500円(いずれも税・サ料別)。15:30~17:30(L.O.17:00)、16:00~18:00(L.O.17:30)の二部制になっている。梅雨のさなかでも、雨には濡れずしてしっとりとした時間が過ごせそうだ。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。