ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『え!コレ方言だったの?!』関東出身者が標準語と勘違いしている神奈川・埼玉・千葉の言葉まとめ

ピョンチャンオリンピックでのカーリング女子日本代表の活躍によって脚光を浴びた「そだねー」。商標申請騒動のニュースもあり、『あれは北海道の方言だ!』・『いやいや、北海道以外でも使うぞ?』といった議論が日本全国で巻き起こったのは記憶に新しいでしょう。

バイト先や学校の友達でも東京以外からきている人も多いと思います。ここでよくあるのが神奈川県・埼玉県・千葉県の東京都に隣接する3県の人は自分たちの言葉は完璧な標準語であると思い込んでいるケースです。ただ実はそれ、大きな勘違いかも。今回は、神奈川県・埼玉県・千葉県の「え!コレって方言だったの?」ネタをご紹介します。バイト先や学校の友達につっこみを入れてるとおもしろいかも。

そもそも「方言」って何??東京都の言葉だって方言だ!

初めに断言してしまいますが、【方言】をもたない人など実はいません。どの地域であっても、その地域独特の言葉遣いが必ずあり、知らず知らずのうちに使ってしまっています。

関西地方や東北地方、あるいは九州地方の言葉は、東京都の言葉とはずいぶん違う印象を持ちます。しかし、それらはすべて同じ「日本語」です。同時に、東京都の言葉も関西地方の言葉も東北地方・九州地方の言葉も、全て「日本の方言」なのです。

東京都の言葉が【方言】であるように、神奈川県・埼玉県・千葉県の言葉も同様で、これらも方言です。東京都を含む神奈川県・群馬県・埼玉県・千葉県・山梨県東部の言葉は大きく「西関東方言」というグループに属します。「東京都周辺の言葉=標準語」や「地方の言葉=方言」ということではなく、東京都の言葉を含む首都圏の言葉も、あくまでも【方言】なのです。

方言は「地元出身」の証!「由比ヶ浜」に潜む神奈川県民の地元愛

「方言=田舎のお年を召した人の使う言葉」というイメージを持つ人も多いかもしれません。たしかに、以前は今ほど各地域間の交流が活発ではなく、テレビの全国放送が始まるまでは、それぞれの地域の方言以外を使う機会も少なかったため、その地域に根付いて長く暮らしてきた人ほど、その地域の少し古めかしい方言を多用することになります。しかし、首都圏の若者が全く方言を使っていないかというとそうでもありません。神奈川県・埼玉県・千葉県であっても、標準語とは異なる形の地元の方言は存在しますし、さらにはそこの出身というアイデンティティの表れとして、あえて方言を使っているというケースも存在します。

例えば、サーフスポットとして有名な神奈川県の「由比ヶ浜(ゆいがはま)」という地名。多くの人が『ゆ↑いが↓はま』といった具合に、「ゆ」から「い」にかけて上がり、「いが」が高く発音され、「が」から「は」にかけて下がるのですが、由比ヶ浜のある鎌倉エリアの地域住民は、『ゆ↓いがはま』と、「ゆ」だけを高く発音し、「ゆ」から「い」にかけて下がるのです。元々、由比ヶ浜の地名が「結(ゆい)」という言葉から来ているのですが、本来の読み方である『ゆ↓いがはま』と発音することで、「サーファーの聖地」や「オシャレ」・「イケてる」といったポジティブなイメージのある由比ヶ浜の地元住民や出身者であることを顕示するためのものだと言われています。

学校は地域文化の宝庫!千葉県民の使う「一の川」とは?

学校で使われる言葉は、【気づかない方言】として残りやすいものの一つです。例えば「一の川(いちのかわ)」「二の川(にのかわ)」「三の川(さんのかわ)」という言葉に聞き覚えのあるあなたは、千葉県出身ではないでしょうか。

おもに千葉県では、学校の教室に並んでいる机をタテに3分割したとき、それぞれのタテ列を教卓から見て左側から「一の川」「二の川」「三の川」と呼ぶのです。他にも、例えば2時間目と3時間目の間にある20分ほどの休み時間。神奈川県や埼玉県では「20分休み」という事が多いとされている中、千葉県では「業間休み」と呼ぶところが多いと言われています。また方言とは少し違う話ですが、千葉県の小中学校では生徒の出席番号が「誕生日順」となっていたりもします。

このように、小中学校の特に公立の場合はその地域出身の子どもが多く集まっていること、加えて先生方も地元の大学出身者が多い傾向にあることで、言葉遣いや給食・遊びなどの様々な場面で地域特有の文化が色濃く残っています。特に遊びの言葉は【方言】の宝庫で、学区や交通圏、世代などによってもさまざまです。

例えば、「じゃんけん」の掛け声などは、神奈川県では『りゅっくさっくしゃみせんほととぎす(横浜市)/ちっけっぴー・ほうらっぴー(横須賀市)』、埼玉県では『じゃんけんほっ・ほっほ(北埼玉郡)』、千葉県では『ちょいちょい ち(館山市)/ちっけっぴ・あいらっぴ・ぐんかんちんぼつはわい(船橋市)』と、同じ県内でも差があったりするほどです。

これといった特徴がない!? 隣接都県の方言が入り混じる埼玉県

ここまで読んでくださった人の中には、『わが県の埼玉はどうなんだ??』と楽しみに待たれている人もいるかと思います。しかし埼玉県の場合、方言として分類される言葉の多くが、隣接する都県でも使われるものが多いため、埼玉県だけで使われているものはあまりありません。

例えば、栃木県や茨城県などで「大丈夫」の意味で使われる『だいじ』や、接尾語の『○○なん(?)』は群馬県も含めた北関東地方の広域で主に使われている方言です。同じく接尾語の『~(だ)べ』も埼玉県で使われる方言ではありますが、元SMAPで神奈川県藤沢市出身の中居正広さんが使われていることからも分かるとおり、神奈川県でも使われる方言です。

この『~(だ)べ』は、古典語の「べし」から来ている由緒のあるもので、関東全域に限らず東北地方でも広く使われています。ただし、接続の仕方や発音などが少しずつ異なっており、それが年代や地域の特徴となっています。埼玉県は、一つの県の中でありながら、東西南北、関東各地の言葉の特徴を味わうことができる、お得な県ということもできるでしょう。

東京都にだって方言が!!関東広域で使われる方言

改めてですが、全国どこにでも【方言】はあります。神奈川県・埼玉県・千葉県だけでなく、東京都にも下町言葉や山の手言葉と呼ばれる「東京方言」があるのです。みなさんも自分の出身地の言葉を改めて調べてみると、意外な言葉が【気づかない方言】だった!という発見をするかも知れません。

最後に、関東地方方言の代表的なものをまとめて終わりたいと思います。『あれ!?これ自分も使うじゃん!!』と思ったアナタは果たしてどこの都道府県民でしょうか!?

—-

・『のっかる』…「(電車などに)乗る」の意味。特に、埼玉県出身者が使う傾向が強い。(例:タクシーに”のっかる”)

・『あおなじみ』…「あおあざ」の意。特に、千葉県や茨城県出身者が使う傾向が強い。(例:” あおなじみ”ができた)

・『かたす』…「かたづける」の意。特に、東京都出身者が使う傾向が強い。(例:部屋を”かたしときなさい!”)

・『なにげに』…「なにげなく、何となく、さりげなく」の意。元々は埼玉県で使われていた言葉が俗語化したという説がある。(例:あいつ頭もいいけど、”なにげに”スポーツもできるから凄いよな)

・『~じゃん』…文末に付く言葉。「~ではないか」の意。特に、神奈川県出身者が使う傾向が強い。(例:え!?全然だめ”じゃん”!!)

・『○○なん(?)』…文末に付く言葉。「~なの?」の意。埼玉県や北関東地方に加えて、全国的に使われているが、イントネーションに地域差がある。(例:え?お前もあの中学校の出身”なん”)

・『~(だ)べ』…文末に付く言葉。推量「~だろう」や、意志「~しよう」の意。関東地方全域に加え東北方言でも用いられ、世代、地域によって接続の仕方や発音が異なる。(例:『そうでしょう?』を”そうだべ/そうだんべ/そうだっぺ”など)

—-

(取材・執筆:小石原誠、編集:田中利知[ネイビープロジェクト])

【監修者プロフィール】

日本大学文理学部国文学科 教授 田中ゆかり

2000年より日本大学文理学部助教授、2006年より同教授に就任。2009年に「首都圏における言語動態の研究」で早稲田大学にて博士号を取得(文学)。専門は日本語学。

主な著書として『方言萌え!? ヴァーチャル方言を読み解く』『「方言コスプレ」の時代-ニセ関西弁から龍馬語まで-』『方言学入門』(共著)『ドラマと方言の新しい関係』(共著)『日本のことばシリーズ14 神奈川県のことば』(編共著)『日本のことばシリーズ13 東京都のことば』(共著)。

関連記事リンク(外部サイト)

<僧侶が指南> 恋愛、人間関係、将来のこと… 学生の悩みを解決に導くひと言
お笑いサークル団体戦「NOROSHI2018」優勝!! 大学生芸人が実践する“友達作り”のコツ
仕事が辛いと感じた時の効果的な対処法

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy