体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生き神様“クマリ”に会えるネパールのお祭り「インドラジャトラ」に参加してきた

生き神様“クマリ”に会えるネパールのお祭り「インドラジャトラ」に参加してきた

こんにちは!世界一周をしてきました、中山彰です!

僕の世界一周4カ国目、ネパール。

毎年9月ごろに行われるネパール最大級のお祭り「インドラジャトラ」に偶然にも遭遇することができました!

 

「インドラジャトラ」とは?


「インドラジャトラ」とは「インドラ神のお祭り」という意味で、毎月のように行われるネパールのお祭りの中でも最大級のお祭りです。インドラ神は豊穣の神様とされ、日本では「帝釈天」とも言われています。

またそれと同時に、亡くなった人を祭るお祭りも開催され、ネパールの歴史・宗教など様々な事柄を集約しているこのお祭りは8日間も続き、各国大使館の大使、ネパールの大統領や首相も参列するというほど国を挙げての大きなお祭りとなっています。

 

祭りが始まる

photo by Akira Nakayama

この木の柱が立ったら、祭りのスタートです!ちなみに、この木は祭りの間はずっと立ち続け、祭りが終わると近くの川に流すとか。

photo by Akira Nakayama

町の各地区の中心部には、このような神様へのお供え物が置かれます。

中にはリンゴやミカンなどの果物、ナッツ類、さらには乾燥したお米などが山のように積まれ、中心には川魚が置かれます。

ちなみにこれは祭りが終わり次第、住民に配られます。僕ももらって帰り道すがら喉の渇きに我慢しながら食べました。

photo by Akira Nakayama

町の中心部である、カトマンズのダルバール広場へ行ってみましょう。町中の人がお祭りを見たいということで広場に集結するので、警察が総動員で警備することは当然のこと。

なんとネパール軍まで総動員で警備にあたります。それをもってしても抑えきれていないのがこのお祭りなのです。

なにせ広場の中心はこの状態!!!

photo by Akira Nakayama

地元民曰く「10万人は広場に集まる」ということですが、実際1万人は優に超えているのではというほどにぎゅうぎゅう詰めの状態。

地震で崩壊した寺院もあり、柵で登れないようにしているのですが、そこはお祭り。

みんな柵を超え、崩れたがれきの上まで上がってみようと必死です!

photo by Akira Nakayama

こちらは、年に1回このお祭りの時だけにあらわれるセトバイラブ神1の像。なんと夜になると口からお酒が出るということで、お酒を飲みたさに若者が我先にと争い、引きずり降ろしては引きずり降ろされ、けんかになる始末。

お酒を飲んでみたい方は相当な覚悟と体力と根性がないと到底無理です。

 

生きた神様「クマリ」に出会う

さあ、いよいよ生きた神様「クマリ」が街へ出くわす出番です!「クマリ」はネパール王国時代の王の守り神といわれています。

クマリになるにはネパール中から様々な条件をクリアした女の子1人がなり、その女の子に生理が訪れるまで務めることとなっています。

また、クマリが普段街に出ることは決してなく、年に数回あるお祭りの中の数日間、山車で街を練り歩くときだけにしか見ることができないといわれています。このお祭りでは8日間のうち3日だけ見るチャンスがあります。

「クマリと目が合うと幸せが訪れる」なんていうことも。

photo by Akira Nakayama

クマリが出てくるまでには他のいろいろな神様が先頭をきって歩いていきます。まずはラケ。このお面をかぶって町中を舞います。

この役を出来るのは、妻と子どもを亡くした旦那さんのみが努めなければならないという決まりがあります。

photo by Akira Nakayama

続いて「プルキシ」という象。

この象の中には4-5人のお酒を飲んだ若者が入っていて、下向きになったまま、つまり象を抱えたままダッシュするのが決まりとなっています。

もし、これを見かけたら寄ることはせず、道路わきの高いところから見るといいでしょう。

ふいに自分の方に突っ込んでくるかもしれませんよ?

photo by Akira Nakayama

さぁ、クマリが来るということで軍隊も音楽隊を率いて街を練り歩きます。そして…

photo by Akira Nakayama

クマリを見ることができました。地上に足をつけることなく、煌々と光る中にいるその姿はとても素晴らしいものです。

山車は3台あり、それぞれバイラブ、ガネーシャ、クマリの順でやってきます。3人を見たら自分も幸せになれるなと感じてしまう、迫力のお祭りでした!

 

まとめ

photo by Akira Nakayama

ネパールのインドラジャトラ、いかがでしたか?ちなみに、お祭り当日はこんな国旗を持たせてもらうこともできました。

昨年の10月、「クマリ」が新しい子になりました。「今のクマリは今年が最後かも」といわれ、大盛況だった去年のインドラジャトラ。

今年は新しくなった3歳の「クマリ」を見たさにより盛況になるでしょう。皆さんも新しくなった生き神様「クマリ」を見に行きませんか?

関連記事リンク(外部サイト)

世界最高峰エベレストの麓に広がるネパールの世界遺産を全部まとめた
カトマンズの基本情報と観光スポットまとめ
ネパールでたくさんの人々出会い、やがて自分と出会う
世界3周した旅人が絶賛!標高5500mの「エベレストトレッキング」で得たものとは

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。