体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チャーミングな演技に魅せられる人続出!? 映画『孤狼の血』岡田桃子役・阿部純子インタビュー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昭和63年の暴対法成立直前の広島を舞台に警察と暴力団同士の抗争を生々しく描いた映画『孤狼の血』。コワモテな刑事やヤクザが多数出演する中、一服の清涼剤となっているのが、阿部純子さんが演じる薬剤師の岡田桃子。そのチャーミングな演技に鑑賞者が魅了されたという声も続出しています。

ここでは、白石和彌監督に「なんでそんなにいろいろなこと経験してそうな顔してるの」と言わしめた阿部さんにインタビュー。柚月裕子さんの原作にはない桃子を演じる上でのポイントや、オーディションに臨んだ心境、『孤狼の血』の魅力についてお聞きしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

--今回、阿部さんが演じた岡田桃子は、原作にはない役ですが、脚本を読んでみた際にどんな印象だったか、まずお聞かせ頂ければと思います。

阿部純子(以下、阿部):私にはあまり馴染みのない男の抗争や仁義の話だったので、はじめはすべてを理解することが難しかったのですが、脚本を読み始めると、すごく面白くてもう止まらなくなりました。私の役の桃子が出てくる場面ではラブストーリーが描かれていて、他のシーンとはテイストが違ったので演じる上で「どう演じようかな」と悩んだ部分もありました。でも監督からは「特に考えすぎないように」と言われていたので、松坂桃李さんが演じる日岡との雰囲気を大切にしようと思っていました。

--オーディションをお受けになられて決まったとお聞きしています。

阿部:もともと白石監督の『ロストパラダイス・イン・トーキョー』を映画館で見ていて、そのときから、ずっと「お仕事をしたいな」と思っていたんですけど、別の現場でご挨拶をさせて頂いた時のことを覚えていてくださって、今回オーディションに呼んでいただきました。そのときは、台本をいただいて、桃子の台詞を見てのオーディションでした。

--印象的な台詞や呉弁もありましたが、オーディションに臨むにあたってどんなお気持ちでしたか?

阿部:呉弁の台本ではなかったんですけど、自分で桃子というキャラクターを考えて。缶ビールを飲むところを想像しながらお芝居をして。薬剤師役ではあるけれども、それだけじゃないところを「ちゃんと見せなきゃ」と思って、女らしさを意識しながら演じました。

--桃子を演じるにあたって、意識したことがあれば教えてください。

阿部:なるべく脚本に忠実にやろうと思っていました。というのも、他の役者さんにお会いする機会がなかったので、他のシーンがどういう雰囲気になっているのか、想像するしかなかったんです。あと監督からは、「こうしてほしい。桃子はこうあってほしい」というふうには、あんまり言われていなくて、「役を監督に委ねて頂いているな」というふうな印象があったので、日岡と、実は役所広司さん演じる大上とつながりがあったというところといった、人間関係があるというところは、なんとなく頭の片隅に置いておいての演技でした。でも、特に「こう見せたい」とかではなくて、二面性を演じてみせるのが楽しかったです。

korou_jyunkoabe_03

--ラストにどんでん返しがあるキャラクターですが、演じ分けるということがあったのでしょうか?

阿部:おそらく「桃子はこうなる」と、たぶん誰もがあまり想像しないんじゃないかと思うんですね。やっぱり本当に脚本が面白かったからなんです。なので、頭の片隅で意識しつつも、監督に「あんまり意識しすぎないで」と言われたので、脚本に忠実に「どうしたら自分でちゃんと演じられるだろうか」と考えながら演じていました。

--桃子は離婚している過去がありますが、年齢に関する言及がありません。ご自身の年齢よりも上という感覚でしたか?

阿部:一応、その話を白石監督としたんですよ。オリジナルキャラクターだったので、ヒントが少ないように感じて。「何歳で結婚したんですか?」という話をした時に「あんまり考えないでください」と言われたんです。なので、年齢のこともあんまり考えすぎないようにしました。他にもいろいろ聞いたことがあったんですけど、「年齢のことは、あんまり気にしないで。結婚のことも、結婚して別れたっていうだけで、あんまり気にしないでください」っていうふうにおっしゃっていました。

--では20代だけど年齢不詳という感じ?

阿部:そうですね。「結婚して別れたというのは、頭のどこかに置いておいて」って言われました。

--個人的には、日岡を見送って「かわいい」とつぶやくシーンにグッときました。

阿部:ありがとうございます。でも、あれも脚本どおりです(笑)。脚本が本当に面白くて、脚本の中の桃子が、すごく「演じたい!」って思うような女の子だったので、私というより本当に役を任せてくださった白石監督のおかげだと思っています。「この役を任せて頂いている」というのはプレッシャーもありましたけれど、お芝居を尊重して下さる姿勢がうれしくて。それに「応えられたらいいな」とはずっと思っていました。

--おそらく観た人の心をつかむ理由のひとつに呉弁があるのではと思います。すごく可愛らしかったです。

阿部:ありがとうございます。かわいいですよね!

--呉弁の習得はどうされたのでしょう?

阿部:事前に呉弁のCDを頂いていて、そのCDを聴いて呉弁のイントネーションの練習をしていました。寝る前とか、聞き直していました。あと現場でも呉弁の方言指導の方がいらっしゃったので、その方に常にずっと一緒にいていただいて、お弁当とか食べながら呉弁で話していました。大阪出身なので、つい大阪弁が出ちゃうんですけど、似ているようで全然違うので、微妙なイントネーションの違いには苦労しました。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy