ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4Kアクションカメラが1万円ちょっと! 「TRAWO」はハウジング使用で水深40メートルまで

アクションカメラといえばGoProでしょ、と思う人はたくさんいるにちがいない。しかし近年、そのGoProに挑む新興メーカーがたくさん出て来ている。

今回紹介する「TRAWO」も香港のスタートアップが開発したもの。4K撮影が可能で、専用ハウジングを使えば水深40メートルまで大丈夫。それでいて、今ならクラウドファンディングサイトIndiegogoで99ドル(約1万1000円)の出資で入手できる。

・タイムラプス撮影も

TRAWOの撮影モードは、ビデオが4K/30fps、2.7k/30fps、1440p/60fps、1080p/60fpsの4つ。静止画は20MPとなっている。レンズの視野角は170度とウルトラワイドなので、目の前のほぼ全てをとらえることができそうだ。

撮影モードとしてはスローモーション撮影、タイムラプス撮影にも対応しているので、スポーツなど動きのあるもの、ゆったりとした自然の変化など、幅広い撮影を楽しめそうだ。

・あらゆるところに取り付け!

また撮影の幅を広げるという点では、アクセサリとして付いてくるハウジングを使えば、最大水深40メートルまで利用可能だ。プールや水際での使用はもちろん、スキューバダイビング時に魚やサンゴ礁を撮るという使い方もできる。

TRAWOは61×45×24ミリとかなり小型で、あらゆるところに取り付けて撮影するのに使えそう。サイトでは、犬の首輪につけたり、スケボーの下に取り付けたりといった使用方法が紹介されている。

バッテリー容量は1350mAhで、1080pの動画であれば90分間の撮影が可能とのこと。アクティビティのお供にうってつけそうだ。

今なら99ドルの出資で入手できるというのも魅力。しかも世界各国への送料が無料というのも嬉しい。アクションカメラが最近気になっている、という人は要チェックだ。出資はあと1カ月ほど受け付ける。

TRAWO/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy