体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イスラム神秘主義の聖地「西カザフスタン」…そこは神の存在を感じられる場所でした

イスラム神秘主義の聖地「西カザフスタン」…そこは神の存在を感じられる場所でした

皆さま、カザフスタンという国名は聞いたことがあるはずです。もちろん私も聞いたことがありました。しかし、パッとイメージが浮かぶ方は少ないのではないでしょうか。

そんな、日本ではまだまだ未知の国カザフスタンに、世界一周中に夫婦で立ち寄ることができました。と言っても、カザフスタンは世界で9番目に大きな国。

今回、我々夫婦が旅をしたのは「西カザフスタン」だけですが、西カザフスタンの様子を通して、少しでもカザフスタンの魅力をご紹介できればと思っています!

 

運命のノリさん一家との出会い

photo by さかち

我々夫婦は、世界一周中にトルクメニスタンから陸路でカザフスタンに向かいました。国境を越える公共の交通機関がないため、カザフスタンに向かう車に乗せてくれるよう、自分で交渉するしかありません。

そこで出会ったのが、ちょうどトルクメニスタンからカザフスタンに向かうという「ノリさん」一家。これが運命の出会いでした。

ノリさん一家は英語が話せなかったため、コミュニケーションはとっても難しい。でも、とってもフレンドリーなノリさん一家の車に乗せてもらって、道なき道を進むこと数時間。

辿り着いたのは、これまで行こうと思ったこともなかった西カザフスタンの「ジャナオゼン」という小さな街でした。

宿泊施設があるのかどうかもわからず、英語もほとんど通じないこの街で途方に暮れていたところ、そのままノリさん一家のお宅に泊めてもらえることになりました。

早速、そんな暖かい思いをしたカザフスタン。人口の約70%がイスラム教徒と言われています。そして、西カザフスタンには、「イスラム教神秘主義」という宗派の聖地が点在しているのです。

その中でも、12世紀~18世紀頃にイスラム神秘主義の聖人スーフィーが修行を行ったとされる「地下モスク」が有名で、世界的にも珍しいそうです。

今でもカザフスタンのイスラム教徒の皆様にとっての聖地で、最も巡礼者が多い場所。

しかし、ツアーにでも参加しない限り辿り着けないような場所にあるのですが、ノリさん一家が車で連れていってくれることになりました。

 

カザフスタンのイスラム教徒の聖地「ベケット・アタ」

photo by さかち

そんな有名な地下モスクがあるのは、「ベケット・アタ」というイスラム教寺院です。18世紀頃に造られたという比較的新しい地下モスクですが、多いときには1日およそ1000人が訪れるという、まさに聖地。

そして、どうやらベケット・アタは、行けば子宝に恵まれることでも有名なようです。

英語ではないので不確かですが、「行けば子供ができるよ」とノリさん一家のおじいちゃん、おばあちゃんに見送られ、ベケット・アタに向けていざ出発。

カザフスタンは天然資源でお金持ちの国のはずですが、広すぎるからか、道の舗装が行き届いていません。

よって、道中のほとんどが未舗装のガタガタ道で、途中2回ほど車のタイヤがパンクするほどでした。

photo by さかち

そんな厳しい道のりですが、ベケット・アタに向かう道中は海抜マイナス100m以下という、世界で最も標高が低い場所の一つでもあります。

昔は海だった地面が隆起し、浸食を受けたというこの一帯。

photo by さかち

地層がはっきりと見えて、それはすごい迫力でした!全く観光地化もされておらず、世界的に有名にはなっていないかもしれませんが、アメリカのグランドサークル一帯の景色のような…。

いや、むしろそれ以上の感動があったかもしれません。

photo by さかち

ベケット・アタでの一連の儀式

photo by さかち

そんな感動の景色を眺めながら、2.5時間ほど車で進むと、ベケット・アタに到着します。到着したときから、ベケット・アタでの一連の儀式の始まりです。

まず、アタ(寺院)の敷地内に入るには、水瓶に入った「聖水」で全身を清めないといけません。そして、男性も女性も髪の毛を隠す必要があります。

身体を清めた後は、信者の皆様が持ち寄ったお菓子やチャイをいただきます。しばらくすると指導者が現れ、その方のお祈りを聞きます。

祈りを聞く間は自分の両手のひらを見つめ、祈りが終わるとその手で顔を上から下になぞります。そして、ここからが本番です。そう、白亜の大地の中を下に進み、「地下モスク」に向かうのです。

photo by さかち

20~30分ほど降りると、ようやく聖地である「地下モスク」に到着しました。そして、地下モスクの中に入り、再び指導者の祈りを聞きます。

祈りが終わると、数人の女性と私だけがさらに小さな洞窟に案内されました。どうやら、その小さな洞窟が子供ができるようにお願いする部屋のようです。

中は電気も何も無く、換気も無いので少し息苦しい…。そんな中で、一緒に入った女性2人が祈りを唱えながら、号泣し始めました。それは、見ているこちらが戸惑うほど、狂気を感じるものでした。

みんなは、本当に子供ができなくて悩んでいるのでは…。そんな大事な空間に、私が一緒にいて良いのだろうか…。私は祈るどころでは無く、そんなことばかり考えていました。

その後、1本の木が置かれている部屋に行き、その木の周りを3周して、指導者から渡されたスカーフを木に巻き付けました。

小さな洞窟で号泣していたみんなは、ここでも号泣しながらスカーフを巻きつけていました…。

 

神様はいるのかもしれないと思った

photo by さかち

私は正直、神の存在は信じていません。でも、きっとここに祈りに来ている信者の方々の中には、「確かに神は存在している」のだろうと思いました。

そして、涙を流しながら必死に祈りを捧げている皆様に向かって、「神様なんていないよ」とは口が裂けても言えませんでした。

その瞬間、私の中にも「神の存在」を感じることができたのです。それは、初めての感情だったかもしれません。

それから洞窟の外に出ると、目の前に広がる広大な大地に、雲の切れ間から太陽の光が降り注いでいました。神が大地に降りてきているのかな…と感じずにはいられない光景でした。

photo by さかち

■詳細情報
・名称:ベケット・アタ
・住所:Mangistau, Kazakhstan
・アクセス:ジャナオゼンから車で約2.5時間/アクタウから車で約3時間(アクタウからは現地ツアーあり)
・料金:入場は無料
・所要時間:2~3時間

 

家に帰れば昔の日本を味わえる

photo by さかち

そんな体験をしてベケット・アタを後にしました。ノリさん一家の家に帰ると、おじいちゃん、おばあちゃん達に、「これで子供ができるわよ!」と励まされました。

完全に、子供ができないことに悩んで、はるばる日本からベケット・アタにやってきた夫婦だと思われていたようです。

あ、ありがとうございます…!そんな純粋なノリさん一家が本当に大好きになりました。

ベケット・アタにお祈りに行った日は、「ベシュバルマク」というカザフスタンの家庭料理を食べると決まっているそうです。

超太いうどんの上に、ジャガイモや羊肉、玉ねぎやトマトが乗っている料理。それを、みんなで囲って手で食べます!

photo by さかち

これが非常に美味しい。ぜひカザフスタンのお宅にホームステイをして食べてみていただきたいほどです。

食事の後、男性陣はウォッカを飲んで酔っ払い、顔を真っ赤にしながらそのまま寝る。若い奥さんが全ての片付けを一人でする。子供達はテレビを見たり、部屋に戻ったり。

あぁ、なんだかひと昔前の日本みたいだなーと思い、ほっこりとした気分になったのでした。

 

まとめ

いかがでしたか?西カザフスタンの魅力が少しでも伝わったでしょうか?日本から気軽に行ける場所ではないため、オススメしにくいところではありますが…。

治安も良いですし、人々もとってもフレンドリーで優しいカザフスタン。

・世界の秘境に興味のある方
・宗教に興味のある方

は、ぜひぜひ訪れてみていただきたいです。観光地化が進んでしまう前に、ぜひあなたも西カザフスタンへ!

関連記事リンク(外部サイト)

カメラ女子大興奮!ウズベキスタンの青の都「サマルカンド」が見惚れるほど美しい
中央アジア最大都市「タシケント」の概要と観光スポット
「地獄の門」がある神秘の国トルクメニスタンの世界遺産まとめ
雪山と緑に覆われた国「キルギス」の世界遺産

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。