ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

約230店舗が参加!「東京ビアウィーク」でビールを極める


6月2日(土)~17日(日)の16日間、「東京ビアウィーク2018」が開催される。この催しは、東京及び近郊都市のさまざまな店舗や団体が、自由なアイディアでビールを楽しみ、東京のビールシーンを盛り上げようという趣旨で行われており、今年で5回目となる。

参加予定店舗数は約230。昨年よりも100店舗ほど増え、規模感が増大した。「BEER JUNCTION」をテーマに掲げ、作り手とファンが、ビールの新たな魅力の発見やビール文化の可能性の広がりへとつながることを目指している。


目玉コンテンツのひとつとして、世界のクラフトビールシーンを牽引するブランド「Brooklyn Brewery」の共同創業者にして『クラフトビール革命』の著者でもあるスティーブ・ヒンディ氏を招き、日本ビアジャーナリスト協会代表でビール評論家の藤原ヒロユキ氏を聞き手にトークショーを開催する。

「Brooklyn Brewery」創設から現在に至るまでの成功秘話や、数々の課題をどのようにして乗り越えてきたかなど、スティーブ・ヒンディ氏の話が直接聞ける貴重な場となっている。開催日時は、6月11日(月)19時~20時半で、場所は代官山にある「スプリングバレーブルワリー東京」。定員は40名となっているので、早めの申込みが安心だ。


ほかにもイベントが盛りだくさん。たとえば、実行委員会が主催する、パブやレストラン、イベント会場をめぐる「スマホdeスタンプラリー」は、対象の飲食店でビールを1杯飲むと1ポイント、イベントに参加すると3ポイントを取得でき、取得したポイントに応じて「旅行券10万円分」「クラフトビール詰め合わせ」などといった豪華景品の応募チャンスを獲得できる。スマホで参加できるのがお手軽で嬉しい。

ビール好きにはたまらないイベント、これを機に東京各地にあるパブやビアレストランめぐりをしてみてはいかがだろうか。

「東京ビアウィーク 公式HP」
( http://beerweek.jp/2018/ )
「スティーブ・ヒンディ プレミアムトークショー 申込みURL」
( http://tbw2018talkshow.peatix.com/ )

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。