体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見た目は雑巾、味はゲロ!?エチオピアの主食「インジェラ」を食べてみた結果

これからエチオピアに行こうと考えている皆さま。世界で最もウザい国と呼ばれるエチオピアの人はどんなにウザいのか、衛生環境は大丈夫なのか…など、心配なことがたくさんあるのではないでしょうか?

実は私も心配なことはたくさんあったのですが、エチオピアの「食事」についても少し心配でした。

今回はエチオピアの食事事情について、現地で食べてきた感想を含めながらお伝えしたいと思います。

 

エチオピアの主食『インジェラ』とは

photo by さかち

まず、エチオピアに行こうとお考えの皆さまなら、「インジェラ」という食べ物を聞いたことがあるはずです。そう、「見た目は雑巾、味はゲロ」とも言われている有名なヤツです。

インジェラとは、イネ科のテフという植物の粉を水で溶いて、3日かけて発酵させたもの。

photo by さかち

そして、発酵させた後に、巨大な鉄板の上で薄くクレープ状に片面だけを焼き上げるんですね。

インジェラは、エチオピアの主食です。日本でいえば、白米にあたるものですね。よって、白米のようにエチオピアではおかずと並んで毎日食べられているものなのです。

しかしお伝えの通り、発酵食品のため酸味が強く、外国人にはなかなか受け付けられず、「旅人泣かせ」の食べ物と言われています。

ちなみに、生地の表面にはアインと呼ばれる穴がたくさん存在していて、その穴の数が多いほどインジェラとしての出来が良いものなんだとか。

雑巾とまではいきませんが、それがなんとも見た目の悪さの原因になっている気がします…。

 

旅人泣かせ…?そんな噂のインジェラを実際に食べてみた

photo by さかち

日本の白米のように、いろいろなものと合わせて食べられるインジェラ。しかし、一番多いのは「シロ」と呼ばれる豆をペースト状にしたものに、唐辛子などが混ぜられているものと一緒に食べる食べ方です。

そして、実際に食べてみた感想としては…、「ん?そんなに悪くない。いや、むしろ美味しいんじゃない、コレ!」でした。私の舌がおかしいのでしょうか?

味は確かに酸っぱいです。しかし、日本のパン屋さんでも、発酵させた黒パンで少し酸味があるものが売られていますよね。私の中ではそんなイメージです。

こういう酸味がある食べ物なんだと思えば、普通に美味しいのです!しかも、唐辛子の辛さと一緒に食べると何とも合うではありませんか!

酸味を辛みが薄めてくれるので、酸味がそんなに気になりません。そう思って、ぜひこれからエチオピアに行く皆さまにもチャレンジしていただきたいと思っています。

インジェラの様々な食べ方をご紹介

photo by さかち

先ほどご紹介したシロを乗せて食べる以外にも、お肉など、なんでも乗せて食べることができます。

シロの他に、色とりどりの野菜も一緒に食べる方法もあって、これだと彩りも良く、食欲をそそられませんか?

photo by Shutterstock

ちなみに、衝撃的だったのは、スープに浸され丸められたインジェラ…。

photo by さかち

この見た目では、確かに食欲はそそられないかもしれません…。もう一つは、インジェラの中に味付けされたインジェラが入っている料理。

photo by さかち

インジェラ好きにはたまりませんが、インジェラが苦手な方にとってはたまったものじゃありませんね。どちらもハードル高めですが、インジェラが気に入った方は、ぜひトライしてみてください!

ちなみに、エチオピアに行く予定の方は、ダナキルツアーに参加される方も多いかもしれません。

ツアーなど、明らかに外国人向けの料理が出されるときには、発酵を弱めてくれたのか、酸味控えめなインジェラとなっていました。

中でもオススメだったのが、インジェラに少し辛いトマトソースを絡めて炒められたもの。

photo by さかち

白米をケチャップで炒めたチキンライス的なノリの料理ですが、酸味が全然なくなって、とっても美味しかったです。

最初から本気のインジェラを食べるのが心配という方は、酸味控えめのものからチャレンジしてみてください!また、日本のエチオピア料理屋さんでも、優しい味のインジェラが食べられるようです。

いきなり現地で食べるのは心配…という方は、ぜひ日本で慣らしてから行ってみてはいかがでしょうか?

 

やっぱり苦手という方は…

photo by Shutterstock

とはいえ、やはり苦手な方もいるだろうなーという食べ物です。日本でも、納豆やくさやのように独特な食べ物は、好きな人もいれば嫌いな人もいますもんね。

エチオピアのレストランなどでは、何も言わないとインジェラが出てきてしまいます。しかし、「パンに替えて」と伝えれば、ちゃんとパンを出してくれますのでどうぞ安心してください!

ただし、田舎の村ではさすがに替えてくれないところもあるので、そこは我慢するしかないようです…。非常食などを持っていき、食難民にならないよう備えておいてください。

 

インジェラが食べられない場合、エチオピアでの食事はどうすればいいの?

以上、エチオピアの主食インジェラについてお伝えしてきました。インジェラに対するハードルが、少しでも下がっていれば嬉しいです。

しかし、それでもやっぱりインジェラが食べられないという方は、エチオピアでの食事をどうすれば良いのでしょうか!?

そんな場合でも安心していただきたいのですが、実はエチオピアには美味しいものもたくさんあるんです!

まずはアボカドジュース。ジュースとは言いますが、飲むというより食べるイメージです。アボカドをミキサーにかけてペースト状にしただけのものなのですが、これがビックリするほど美味しいんです。

アボカドの他に、マンゴーやグアバなどと一緒に食べるのもオススメ♪栄養も満点なので、インジェラが苦手な方はぜひこちらをお試しください。

photo by さかち

あとは、なんと言ってもエチオピアコーヒー!コーヒーの産地として適した気候であるエチオピアで栽培されたコーヒーは、苦みだけでなく程よい酸味も感じることができます。

ストレートで飲んでも砂糖を入れて飲んでも文句なしの美味しさ。

エチオピアの道端では、どこでもコーヒーが売られています。都会でも田舎でも、どこで飲んでもハズレなしでした。

photo by さかち

インジェラが少し苦手で、食後にスッキリお口直しをしたいという方は、ぜひ飲んでみてください。

最初は驚きましたが、ミントの葉をコーヒーに入れて飲む飲み方もオススメです。

photo by さかち

最後はビール!エチオピアのビールは、キリっとした味で喉越しも良く、非常に美味しいのです。たくさん種類もあって、お店によっては生ビールも飲めるので、とっても嬉しい!

ビールの苦みと合わせれば、インジェラの酸味も美味しく感じることができるかもしれません。

photo by さかち

 

最後に

以上、エチオピアの食事に関してお伝えしてきました。エチオピアでは、思い通りに事が進まないことも多いし、南京虫にも悩まされるし、確かに大変なことも多いです。

しかし、それ以上に素晴らしい景色や体験が待ち受けています!ぜひエチオピアという国を楽しむとともに、エチオピアの食事も楽しんでみてくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

海外にある絶景レストラン7選で最高の一品を!
海外での自炊で役立つ日本の万能調味料と食材
ロンドン観光でおすすめのグルメ6選
世界一周した旅好き女子が絶賛!バンクーバーのおすすめグルメとは?

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。