体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2万株のあじさいが咲き誇る!「八景島あじさい祭」へ行こう

2万株のあじさいが咲き誇る!「八景島あじさい祭」へ行こう 八景島あじさい祭

季節ごとにさまざまな花が咲く八景島。

初夏には県内最大級を誇る2万株の「セイヨウアジサイ」や「ガクアジサイ」などの「あじさい」が見ごろを迎えます。6月9日(土)~7月1日(日)に開催される「八景島あじさい祭」では、さまざまな品種のあじさいを楽しめるスポットがたくさん!夜のイベントもあるので、昼も夜も楽しめちゃいますよ♪

記事配信:じゃらんニュース

個性豊かなあじさいが♪島内にはフォトジェニックなスポットが多数!

あじさいの花道【あじさいの花道】丘の広場から緩やかな坂道の両サイドにあじさいが咲き並びますあじさいの滝【あじさいの滝】白いあじさい「アナベル」が流れ落ちる滝のように咲き誇るメインストリート。夜には竹灯籠による幻想的な演出もあじさい坂【あじさい坂】色とりどりのあじさいに彩られた坂道です。坂の途中には「シークレットガーデン」も♪シーパステル【シーパステル】白いアンカレッジ記念碑と海とあじさいのコラボが美しいシーサイドガーデン【シーサイドガーデン】海とあじさいのコラボレーションが楽しめます

バラとのコラボが美しい「ブルーパラダイス」や、新緑を背景にあじさいの海をイルカが泳いでいる「新緑のあじさい」などフォトスポットがたくさんあるので、ぜひ素敵な写真を撮ってくださいね♪

昼とは違った雰囲気に!ライトアップも見逃せない

あじさいの滝ライトアップ

今年は新たに、夜のあじさい園路を幻想的にライトアップする竹灯籠が登場。カーニバルハウスから丘の広場へ上る階段にある「あじさいの滝」には約130個の竹灯籠が設置され、優しい光に包まれるあじさいが楽しめます。

※開催期間や時間など詳細についてはホームページにてご確認ください

八景島オリジナルの品種「シーパラブルー」も見られちゃいます

八景島あじさい祭 八景島あじさい祭 八景島あじさい祭

八景島にはここでしか見ることができないオリジナルの品種もあるんです。

「八景ブルー」は丘の広場の団体バス発着所、「八景ピンク」と「シーパラブルー」は、シーパラシー太像横、アクア前広場特設テント付近で見ることができます。

期間限定!あじさい仕様のアトラクションが登場♪

八景島あじさい祭 八景島あじさい祭

『横浜・八景島シーパラダイス』の人気アトラクションが期間限定であじさい仕様に変わります。「シートレイン(有料)」では車窓からあじさいを楽しめますし、「シーパラダイスタワー(有料)」では双眼鏡や花冠を無料で貸してもらえるので、上空からのあじさい島の風景を眺めたり、花冠の撮影などもできちゃいます。雨天時でも利用できるので、島内を巡ったあとはのんびりあじさいを満喫するのもオススメです。

※「シートレイン」は、「あじさい祭」期間中はコースを変更します

まとめ

島内各所に見どころ満載の八景島。色鮮やかなあじさいが咲き誇るこの季節、ぜひ足を運んでみてくださいね。開業25周年記念で様々なイベントも開催されている、八景島シーパラダイスも一緒に訪れれば1日満喫できちゃいます♪

「第18回八景島あじさい祭」

開催期間/2018年6月9日(土)~7月1日(日)

開島時間/平日8:30~21:30

土日8:30~22:30

※水族館、アトラクションの営業時間は異なります。

場所/横浜八景島内丘の広場周辺「八景島あじさい園路」他 横浜・八景島シーパラダイス

TEL /045−788−8888

住所/神奈川県 横浜市金沢区八景島

営業時間/エリアにより異なる

定休日/年中無休

アクセス/シーサイドライン八景島駅より徒歩すぐ

料金/ワンデーパス 大人・高校生5,050円、小・中学生3,600円、幼児(4才以上)2,050円、シニア(65才以上)3,600円

「横浜・八景島シーパラダイス」の詳細はこちら

情報提供元/株式会社 横浜八景島

※この記事は2018年5月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

【鹿児島】ランチにおすすめ!絶品ご当地グルメが味わえる店15選。
期間限定!パン好き必見!絶品のパンに出会えるイベント3選【新宿】
【関西・中国・四国】2018年ホタルおすすめ名所20選。イベントや時期情報も♪

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。