ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

顔認証システムのあるパトカーが「逃亡犯」を捕まえるように

顔認証システムのあるパトカーが「逃亡犯」を捕まえるように

少しでも多くの人が安全に暮らせるように、という願いが込められて開発された「Ekin Patrol G2」。もしも日本でこのプロダクトが使われるようになるとしたら、賛否が分かれると思う。

「犯罪者をすぐに逮捕できるようになる」や「テロリストの犯行を未然に防げるから採用するべき」。かたや、「いつもカメラに監視されてしまう」や「僕たちの生活が警察に管理されることになる」といった具合に。

盗難車や犯罪者を
見つけ出せる「センサー」

顔認証システムのあるパトカーが「逃亡犯」を捕まえるように© 2017 Ekin

パトカーの上部に取り付けられるようにデザインされたセンサーが「Ekin Patrol G2」だ。ちなみに、すでにチューリッヒやロサンゼルスでテストが行われているらしい。

このセンサーは、道端の車のナンバープレートを認識し、盗難車かどうかを判断できる。自動で歩行者の顔を識別し、指名手配犯を見つけ出せる機能もある。また、駐車違反やスピード違反も取り締まれる。

冒頭でも言ったように、このプロダクトのスペックを知った人はポジティブ派とネガティブ派に分かれるだろう。

同じような最先端テクノロジーを採用したプロダクトは、パトカーではないけど中国警察が取り入れている。そして、すでに数々の成果を上げている。

テクノロジーを採用したことによるメリットが実証されているなら、この波に逆らうのは難しいだろう。拒絶するよりも、これらをどうやって生かしていくのかを考えたほうが建設的かもしれない。Licensed material used with permission by Ekin

関連記事リンク(外部サイト)

ドバイ警察は「空を飛んで」現場に駆けつける
新型iPhoneに搭載も?世界初の「指紋認証システム」
求人のために体を張る「ニュージーランド警察」がカッコよすぎる!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。