体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チャットモンチーの間で流行していた、「◯◯を止める」こととは?

チャットモンチーの間で流行していた、「◯◯を止める」こととは?
J-WAVEで放送中の番組『SPARK』。5月の水曜日はマンスリー・ナビゲーターとして、チャットモンチーが登場。5月16日(水)のオンエアでは、snowkel・西村晋弥さん(V, G)が、チャットモンチーに関するクイズを出題しました。

■J-WAVEで「親戚」に遭遇?

福岡:この前、J-WAVEでCHAIちゃんに会いましたね。
橋本:会いましたー!
福岡:めっちゃ、可愛かったな!
橋本:嵐がきたのかと思った。
福岡:台風の目みたいにやって来てくれて、自ら去っていったよな。
橋本:テンションが「すごく会いたかった親戚に会ったような感覚」だった。
福岡:「うわ〜! えっちゃん大好き!」ってめっちゃ言ってたな。えっちゃん、あれだけテンション上がったことないんじゃない?
橋本:ないかもしれない。

ふたりとも、いつものように、ゆったりとしたテンションで話し始めました。

■徳島の楽しみ方は?

チャットモンチーは、7月21日(土)・22日(日)に「チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2018〜みな、おいでなしてよ!〜」を徳島県徳島市で開催します。そこで、フェスに参加するファンから、徳島の楽しみ方に関する質問が届きました。

私は「こなそん」に両日参加予定です。18歳の頃からいつも隣にいたチャットモンチーの完結は寂しいけど、しっかり見届けたいと思っています。さて、徳島でチャットモンチーゆかりの地といえばどこでですか?

福岡:どこだろな? ゆかりまくっとるけどなぁ(笑)。
橋本:徳島駅前と東新町と、鳴門市を押さえとけば……。
福岡:広範囲やな。要注意なのが、駅前っていうと、半径2キロぐらいを指しますから、けっこう広いんですよ。駅前っていっても1キロぐらい離れた東新町ぐらいまでいくやん。
橋本:確かにいく。次の駅前ぐらいまでいく。
福岡:そうやな(笑)。学生時代には、徳島駅周辺をブンブンいわせてましたから。駅前で何してた?
橋本:ファーストフード食べてた。コアラちゃん焼きとか。
福岡:高校の横の。コアラちゃん焼き、食べたね。
橋本:あとは、城跡。バラ園。
福岡:徳島城の城跡があって、そこのバラ園の、バラがめっちゃ咲いてるところで、私はチャットモンチーの当時のベースの子に勧誘されたんですよ。えっちゃんは一言も発しんかったけどな。
橋本:私は、ただただ「うん」って言いながら、バラ園の床がタイルみたいになってて、タイルに沿って足をトントンしてた。何も誘わずに「うん」って言いながら、タイルに足を乗っけて遊んでた。
福岡:ちゃんとしてや(笑)。
橋本:でも、城跡はすごいんだよ。
福岡:話がそっちになったの?
橋本:貝塚もあるからね。でも、貝塚って今は綺麗なんかな?
福岡:汚かったよな(笑)。
橋本:高校のとき、コンビニの袋が貝塚の中に入ってて、「コンビニ、あったんや」って(笑)。そういう感じで楽しんでましたね。

さらに、福岡にとって印象が強かった文房具店の話になりました。

福岡:昔、駅前にしゃべったら怒られる文房具屋さんがあったよな。それが面白くて。ちょっとでもしゃべったら「出ていけ!」って言われる、オシャレな文房具屋さん。移転したか、その場所にはもうないんやけど。私たちの高校時代って、PHSが流行したでしょ。PHSが鳴ろうものなら「出てけ!」って言われて。
橋本:怖いよ〜(笑)。
福岡:変わったお店って覚えてるよね。
橋本:駅前から東新町までを、ぶらぶらするだけでも楽しいかも。

ぜひ、参考にしてみてください。

■チャットモンチーの間で流行していたこと

後半は、チャットモンチーをよく知る人が、チャットモンチーに関するクイズを出題するコーナー「チャットのこと知っとQ」をお届け。今週はsnowkel・西村晋弥さんが出題しました。

西村:snowkelはBase Ball Bear、チャットモンチーと3組で夏に「若若男女サマーツアー」というツアーをやっていましたが、そのときの出来事から出題します。当時、チャットモンチーの間であることが流行していました。そして、その流行していることを披露するために、snowkelはあることをさせられました。それは一体何だったでしょうか? おそらく2008年の東京公演のときだったと思います。

橋本:私、思い当たる節がある。東京だったかわからないけど。ジブリ柄のトランプがあるやん。ジブリに出てくるキャラクターがトランプに描かれてるんやけど、それと同じ画角で写真を撮るのがチャットの中で流行してたやん。それをsnowkelに手伝ってもらってたのをすごく覚えてる。
福岡:なるほど。それか。私、ホンマに覚えてないけど、その頃に流行してたのは、マリオカート。
橋本:めっちゃ、やってたね。
福岡:でも、みんなではやってないか。あとは、サバンナの高橋茂雄さんがやっていた「犬井ヒロシ」のネタ。若いって怖い。

(ここでスタッフから「一肌脱いでいる」というヒントが出されました)

福岡:服を脱いで、ジブリの絵柄の真似をさせられたんじゃない?
橋本:『天空の城ラピュタ』に出てくるおじいさんを、西村さんにやってもらったのは覚えてる。白いヒゲのおじいさんやから、ビニール袋をここに下げて、西村さんは困って「こんな感じでいい?」って言って「いいです」って言って写真撮ったの。
福岡:やったなぁ。今、めっちゃ思い出した。

西村さんに正解を伺うと、答えはとても意外なことでした。

西村:正解は「チャットモンチーの間で『喧嘩を止める』ことが流行しており、snowkelが喧嘩をさせられた」でした。えっちゃんが、誰の喧嘩でも止められるということで、「喧嘩をしてみてくれ」と言われて、山田雅人(D)と喧嘩をさせられたんです。僕らは喧嘩をしたことがないので、どうやって喧嘩をしたらいいのかわからないまま、とりあえず胸ぐらを掴みあったりして、その結果、えっちゃんが「まぁまぁ」って言うだけっていう。喧嘩は止まったんですけど、これを見せられるために、僕らは喧嘩に巻き込まれたんですね。それが印象に残っています。

福岡:面白い! 全く覚えてなかった。
橋本:全然覚えてない。そんなことをさせてたん。
福岡:西村さん、よく覚えてたね。えっちゃんは、そういうところがあるよな。「こういうのできる!」って言って、「まぁまぁ」って(笑)。
橋本:やばい。幼さが滲み出てるね。snowkelがお兄さんやから、何でもやってくれると思ってたんやろね。
福岡:コンビニの袋を耳にかけさせたりして、ひどいよな(笑)。何をしても許してくれたな。
橋本:めっちゃ優しいから。

番組では他にも、SNSをしていない橋本が日々の出来事を語る「今週のえっちゃん便」のコーナーを行いました。次回(23日)放送では、6月27日(水)に発売されるアルバム『誕生』について語る予定です。どうぞ、お楽しみに。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。