体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地取材】チェルノブイリ立入禁止区域で勝手に暮らすおじいさん / 動物に囲まれてのどかに暮らす「かわいそうだから飼った」

chernobyl-nuclear-power-plant16

1986年4月26日に発生した、チェルノブイリ原子力発電所事故。かつてはソビエト連邦の領土内だったが、現在はウクライナ国内に属する。いま現在も放射性物質が存在しており、非常に高濃度な放射線が放たれている場所もある。それゆえ、一般人は許可なく入ることはできない。

・ここで一生を終えることを決意した男性
とはいえ、たとえ立入禁止区域でも、そこは多くの人たちにとって「大切な故郷」。感情と思い出を優先し、ここで一生を終えることを決意した男性が、チェルノブイリ原子力発電所から程近い立ち入り禁止区域に一人で住んでいる。

chernobyl-nuclear-power-plant18
chernobyl-nuclear-power-plant19
chernobyl-nuclear-power-plant12
chernobyl-nuclear-power-plant14

・原発に非常に近い場所に住んでいる
エフゲーニーじいさん(80歳)が住む地域は、チェルノブイリ原子力発電所から約18キロほどの場所に位置する。東京駅から川崎駅ほどの距離で、非常に近い場所に住んでいる。原発事故で一度はこの地から離れたものの戻ってきてしまったという。

・サマショールな人と言われている
ウクライナでは、そんな勝手に戻ってしまう人たちのことを「サマショール」(わがままな人)と呼んでいる。しかし通訳のナターシャさんによると、わがままという言葉が適切かどうか簡単に判断するのは難しいという。

chernobyl-nuclear-power-plant34
chernobyl-nuclear-power-plant8
chernobyl-nuclear-power-plant16
chernobyl-nuclear-power-plant15
chernobyl-nuclear-power-plant20
chernobyl-nuclear-power-plant33
chernobyl-nuclear-power-plant23
chernobyl-nuclear-power-plant9
chernobyl-nuclear-power-plant21
chernobyl-nuclear-power-plant37
chernobyl-nuclear-power-plant5

1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。