ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ラブリ】どこかに行くだけの旅は終わった。では、何が人を駆り立てるのか

【ラブリ】どこかに行くだけの旅は終わった。では、何が人を駆り立てるのか

カンクンに行きたいだけなら、Instagramを見ればいい。色が映えていて、よっぽど綺麗だ。

韓国料理が食べたいなら新大久保に行けばいい。辛さ控えめで、日本人向けだ。

旅先でローカルに出会いたいというけれど、海外から働きに来ているビジネスマンとの交流じゃダメなのか。日本語が通じるから、彼らとのコミュニケーションはとりやすいはずだ。

 

これらのこと、きっと心の中でモヤモヤすると思う。それは違う!って。

旅先で、何がしたい?

【ラブリ】どこかに行くだけの旅は終わった。では、何が人を駆り立てるのか

ファッションモデルのラブリさんとTABI LABO代表の久志尚太郎の対談シリーズ『いま、僕らが“旅”と言っているもの』。

第3回は「旅に求めているもの」について考える。

【ラブリ】どこかに行くだけの旅は終わった。では、何が人を駆り立てるのか【ラブリ】いま、僕らが“旅”と言っているもの vol.2

自分が体感したことのない
“未知”を知りたい

久志 どこかに行って、何かを視覚的に見たいことってあると思う。でも、僕はどちらかというと体感したいんだよね。

その体感っていうのも、例えばアンコール・ワットを体感したいとかではなくて、自分の知らない空気を体感したい。そのために旅があるのかな。

ラブリ うんうん、なるほどね。

久志 リオデジャネイロのサンバの熱狂とか。別にサンバを見たいじゃなくて、そこでしか味わえない雰囲気で、自分の体感値がどれだけ上がるかが大切。

ラブリ 体感主義なんだよね。

私、いつもファンクラブのみんなに言ってるのは、「一緒に体感しましょう」ってことなの。一緒に体験することが体感に変わる。その体感は経験になる。3つのレベルがあると思う。

みんなで体験をして、個人で体感する。それが経験になって、みんなが違う場所にいけるようになる。

久志 物理的に移動することよりも、体感している感覚が大事。それを追い求めている気がする。移動することが特別ではなくて、当たり前になっているからなんだろうね。

ラブリ やっぱり自分がどう思っているのか?を大切にしたくて。海外に行った時にテンションが上がると、「すごく自分が嬉しそう!」ってなるの。

それは何かが見たかったわけではなくて、自分の知らないものを自分が見れている幸福感なんだと思う。

久志 たしかにそうだね。

ラブリ 自分が惚れ込んでしまう映画とか音楽って、知らないものを見せてくれる、聞かせてくれるものなの。

ただ単純に聞いてるだけじゃなくて、体で感じているもの。そして、自分に残るもの。この延長線上で、隣にいる人も同じ気持ちになっていたりしたら最高だよね!

To be continued…

vol.1 制約から解放された結果、遊び方が増えた「旅」vol.2 場所よりも大切な要素とは何かvol.3 自分の知らないものを自分が見れている幸福感vol.4 心の躍動をイマジネーションするvol.5 やりたいことは決めておくか、その場で発見vol.6 何も得られない瞬間もあるvol.7 「非日常」の始まり

関連記事リンク(外部サイト)

【ラブリ】場所ではなく、旅は「誰と何をするか」が大切
【ラブリ】海外旅行が当たり前になったいま、改めて「旅」ってなに?
暮らすように旅をしたいとか言いつつ、「おもてなし」も受けたい。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。