ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

没入感たっぷり超本格VRを無料体験できる場所

没入感たっぷり超本格VRを無料体験できる場所

専用ゴーグルを付け、仮想現実の世界でユニークな体験ができる「VR」。スマホを活用した格安品もありますが、自分の動きがダイレクトに反映され、没入感たっぷりな世界を楽しむには10万~30万円のハイスペック機器が必要です。そこで、没入感たっぷりの超本格VRを無料で体験する方法を紹介しましょう。

超本格VRを楽しめる無料体験施設

超本格VRを楽しむには、10万円以上する機器を購入しなければなりません。しかし今なら、宣伝のためVR機器メーカーや販売店が無料で体験施設を運営中。VR体験やVRゲームを好きなだけ遊べます。

サムスン電子が運営する東京・原宿にある「Galaxy Studio」はその代表格。360度回転するイスでプロペラ機を操縦する『Flying Dino』や、上下に揺れる板を操作する『Skeleton』など、ゲームセンター以上に充実したゲームが揃います。

「Galaxy Studio」は2018年9月下旬までの期間限定施設。地下1階・地上3階の建物で、GalaxyスマホによるVR体験が可能です。Galaxyアイテムを使ったVR体験や商品説明を聞くことでスタンプがもらえます。スタンプを5個貯めると、入り口に置かれたVRゲーム「Galactic Attack」に参加可能です。

VRを無料で体験できるショップ

このほか、VRを無料体験できるショップもあります。「ドスパラVRパラダイス」は、PCショップ・ドスパラが運営するVR体験施設。無料で『初音ミク VR』や『VR SPORTS』といった23タイトルを体験できます。

秋葉原と札幌の2店舗ではVR専用のフロアが用意され、本格的なVR体験が可能。基本的には事前予約制ですが、空きがあれば飛び込みでもOKです。

「パソコン工房 大阪日本橋店」では空間認識付きのHTC VIVEが設置されており、体全体を使ったVRを満喫。大阪日本橋店のほかに仙台泉店、系列の「秋葉原イイヤマストア」「iiyamaStore名古屋」の4店舗で体験会を開催しています。

秋葉原の「ツクモパソコン本店」では、手軽に楽しめるスマホ用のVRゴーグルからVR用高性能PCまでを販売。ドスパラ同様、HTC VIVEが設置されており、18種類のVR体験ができます。土日は混雑するため、Webサイトか店頭での事前予約が確実です。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。