ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DLsiteがSteamパブリッシング作品を公募開始 日本語を含む販売も可能

dlsite-steam-main

株式会社エイシスの運営するダウンロード販売サイトDLsite.comは16日、DLsite.comがパブリッシャーとなってSteam配信を行うゲーム作品の公募を開始した。

同社は今年2月にSteamパブリッシャー事業を開始しており、今回、サークルがSteam配信を希望する作品を応募可能となった。既に発売済みのゲームとこれから発売予定のゲームのいずれも応募可能。応募作品の中からDLsite.comがパブリッシングするタイトルを選定し、Steamへの作品登録や審査に関する窓口の代行、多言語への翻訳、サポート業務の補助を行う。

販売および対応言語に関する諸条件は大きく分けて2パターンあり、DLsite.comが翻訳費用を全額負担して英語および中国語(繁体字・簡体字)へ翻訳するケースと、DLsite.comが提供する「作品まるごと翻訳サービス」を利用する形でサークル側が翻訳費用を負担するケースで分かれる。なお、後者の場合パブリッシング対象として優先的に選定されるという。

DLsite.comが翻訳費用を全額負担した場合、Steamで販売されるゲームには日本語が含まれず、日本語版はDLsite.comでの販売となる。翻訳費用をサークル側が負担する場合、Steamでも日本語を含むゲームの販売が可能。ただし、Steamでの販売開始はDLsite.comでの販売開始から1カ月後となる。なお、後者の条件については公募開始時点で記載がなかったが、その後ページが更新されて記載が行われた。

dlsite-steam-condition
販売および対応言語に関する諸条件の概要

DLsite.com側の手数料はSteamからDLsite.comに支払われる金額の50%を基本とし、翻訳の文字数や「作品まるごと翻訳サービス」利用の有無など作品ごとの状況によって調整されるとのこと。そのほか詳細な条件などは公募ページを参照してほしい。

作品公募ページ:http://www.dlsite.com/home/sell/steam

関連記事:

Steamで同人・フリーゲームを販売するには? 実際にやってみた資料が公開
Steamセールで買いたい!おすすめ名作インディゲーム20選
NEKO WORKs、Steam向けインディゲーム開発エンジニアの求人を公開

もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy