ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

隠されているから、見えるもの

隠されているから、見えるもの

 

 隠されているから、見えるもの

 

「そういう方だったんですね。ずっと一緒にいるけれどね、お話したことがなかったから」

わたしには、今はもういろんなことを忘れてしまって、聞くことも話すことも、ほとんどできなくなった祖母がいます。先日、介護士の人に祖母がまだ元気だった頃について話したとき、返ってきたのは上の言葉でした。

あることを境に、突然ずっと一緒にいる人の素顔がわかることって、あまりない感覚だからすこし不思議な体験だったんです。

 隠されているから、見えるもの

 

冒頭から個人的な話になってしまいましたが、「the unknown」シリーズについて考える上で、このエピソードは自分により説得力をもたらしてくれるものでした。

Andrea Torres Balaguer は、自ら撮影した写真を用いて、ポートレートの意味や意義を解剖しています。その方法のひとつが、女性の顔を「隠す」こと。彼女たちの名前、どのような人生を歩み、そしてこれからどこへ行くのか。それらへの解釈は「見る側」に委ねるものだと彼は言います。

 隠されているから、見えるもの

 

だれかについて思うとき、そしてその人を見つめるとき。信じられるものが、否応なしに「自分の目で見えるもの」だけだとしたら。

たとえば長い時間を一緒に過ごしていても、目に見えない「知らなかったこと」を知った瞬間、初めてその人物像が浮かび上がったり、まったく違う人物に見えたりすることがあるようです。

それでも、その人を見て自分はどのように思いを巡らせていたのか。見逃してしまいそうな表情をとらえようとする瞬間こそ、本当の意味で「だれかを見つめる」ことなのかもしれません。

 隠されているから、見えるもの

 

 Licensed material used with permission by Andrea Torres Balaguer

関連記事リンク(外部サイト)

そろそろ、「環境汚染」について真剣に考えようと思えた写真
隠さないで、そのままで。女性たちの美しいポートレート写真。
「社会人になってからの恋愛」をして初めてわかった9つのこと

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy