体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きゃりーやback numberなど、GYAO!音楽担当オススメの「5月病に効く」フェス映像

%e3%81%8d%e3%82%83%e3%82%8a%e3%83%bc%e3%81%b1%e3%81%bf%e3%82%85%e3%81%b1%e3%81%bf%e3%82%8501

ガジェット通信です。
動画配信サービス『GYAO!』さんより情報提供いただき、『GYAO!』音楽担当さんが掘り出し作品をアツーく推薦! 「5月病に効く」フェス映像をご紹介します。

きゃりーやback numberなど、GYAO!音楽担当オススメの「5月病に効く」フェス映像

こんにちは。GYAO!音楽担当です。
GWが終わって、しばらく連休がない…。新生活が始まったけど、人間関係に悩んでいて笑顔がひきつりがち。占いでは「今年は4月に運命を変えるステキな出会いが」となっていたけど何もなかった。
わかります、わかりますよその絶望感。
今回は、そんな絶望をなかったことにする(なかったことにしたい!)、ワクワクする音楽フェス映像をご紹介します!

GYAO!では、今年のGWに開催した「JAPAN JAM 2018」、「VIVA LA ROCK 2018」、今年初開催となったアイドルフェス「ビバラポップ!」のライブ映像を無料配信中です。
その中から、独断と偏見で選んだ10映像をご紹介。“音楽フェス”の魅力を存分にお届けしたいと思います。

[1]きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい」(JAPAN JAM 2018 DAY-2)

%e3%81%8d%e3%82%83%e3%82%8a%e3%83%bc%e3%81%b1%e3%81%bf%e3%82%85%e3%81%b1%e3%81%bf%e3%82%8502

“ほい!ほい!”のかけ声で、自然とテンションが上がってしまいます。妖精みたいなたたずまいを野外フェスでもキープしているきゃりーちゃん。このサビのダンス、結構体力使うと思うんですけどね…キツイと感じさせないプロ根性、さすがです。
(私なんて職場の男性に「いつも疲れた顔してるよね」って言われましたから。そしてムッとした顔しちゃいましたから。これ、言っちゃダメなやつかもしれません。ふふふ。)

[2]CHAI「sayonara complex」(VIVA LA ROCK 2018 DAY-1)

先日「ミュージックステーション」初出演を果たした、話題のオンナバンド・CHAI。きゃりーちゃん初主催の対バンイベントにも出演予定。彼女たちが“ヤバイ”と言われるきっかけとなったのは、間違いなくこの曲。いろんな紹介記事を読むより、映像を見たほうが話が早いです。

[3]キュウソネコカミ「The band」(JAPAN JAM 2018 DAY-1)

%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%82%a6%e3%82%bd%e3%83%8d%e3%82%b3%e3%82%ab%e3%83%9f

野外フェスの盛り上がり、観客との“一体感”が映像からも伝わってきます。キュウソネコカミは、引っかかりのある歌詞と、初見でも楽しませてくれるパフォーマンスが最高。この曲は歌詞も演奏も直球なので、素直に胸が熱くなります。バンドっていいよねぇ。

[4]雨のパレード「You & I」(JAPAN JAM 2018 DAY-1)

鹿児島県出身の4人組ロックバンド。ボーカルの福永さんが“海の近くで歌ってみたかった曲”と言って始まるゆったりしたテンポのこの曲、とっても気持ちいいです。曲も歌声も演奏もロマンチックがすぎるので、ぜひ好きな人と一緒に見てください。

[5]back number「瞬き」(JAPAN JAM 2018 DAY-3)

back-number

“幸せとは”という歌い出しで心を持ってかれます。back numberの極上バラード「瞬き」をどうぞ。夜の野外でロマンチックが加速しますが、部屋で一人、じっくり聴き入るのがオススメです。そのほうが我慢せずに泣けます。

[6]銀杏BOYZ「BABY BABY」(VIVA LA ROCK 2018 DAY-3)

ボーカル峯田さんが、18歳当時の気持ちを書いた曲とのこと。曲が始まるまでの語りが長めですが、このMCを含めて心を揺さぶられるライブ映像。純度の高さと“凄み”。曲も良い。涙せずにはいられません…。

[7]VIVA LA J-ROCK ANTHEMS 山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)「HONEY」

「VIVA LA ROCK」限定のバンドによるスペシャルセッション。今とっても勢いのあるバンド・THE ORAL CIGARETTESの山中さんボーカルで、L’Arc-en-Ciel「HONEY」を色気たっぷりにカバーしています。
フェスだとこういった限定企画やコラボステージが見られる楽しみがあります。

[8]ドミコ「まどろまない」(VIVA LA ROCK 2018 DAY-1)

ギターボーカルとドラムの2人だけで鳴らす、自由でひねくれている音楽。朝10時半スタートのライブとは思えないほど仕上がっています。

[9]赤い公園「NOW ON AIR」(VIVA LA ROCK 2018 DAY-2)

昨年夏からボーカル不在で活動していたバンド・赤い公園が、このライブで新ボーカルをお披露目。元アイドルルネッサンスの石野理子を新ボーカルに迎えました。“元アイドル”ということで話題になりましたが、その伸びやかな歌声をぜひ映像で確かめてみてください。1回きりしかない“初めてのステージ”は必見です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。