ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『信じられないほどボロクソでわろたwww』ツイッターで話題になった「三並自動車販売」に、いったいどういうことなのか聞きに行ってみたら、めっちゃいいお店だった話

▲3月末につぶやかれた1件のツイートが事の始まりでした

▲3月末につぶやかれた1件のツイートが事の始まりでした

毒舌系(?)の中古車紹介コメントがツイッターで話題に

こんにちは! 編集部てんちょ~です。

皆さんツイッターで絶賛つぶやいていますか?

「もちろんつぶやいてるよ!」

そんな方はご存じかもしれませんが、カーセンサーnetに掲載されている福岡県の中古車販売店「三並自動車販売」の中古車紹介コメントが独特だ、と話題になったのです。

信じられないほどボロクソでわろたwww pic.twitter.com/pRHCS292DJ— 弌(ハジメ)@CBR954RR (@exd52ad) 2018年3月29日

それがこちらのツイート。3月29日につぶやかれ、10000件以上のリツイートと15000以上ものイイネを獲得しました。

▲例えばこのキューブのコメント「リアドアがキューブより長いらしいです。二台並べてみない分わかりませんし、実際どうでも良いです。」とか

▲例えばこのキューブのコメント「リアドアがキューブより長いらしいです。二台並べてみない分わかりませんし、実際どうでも良いです。」とか

▲他にも3列目シートに対して「もはや罰ゲームとしか思えないスペースです。屋根裏とか押入れとかそんなイメージです。」といった毒舌系(?)なコメントが人気を呼びました

▲他にも3列目シートに対して「もはや罰ゲームとしか思えないスペースです。屋根裏とか押入れとかそんなイメージです。」といった毒舌系(?)なコメントが人気を呼びました

物件のコメントを見たところ「ボロクソwww」とツイートされているのも納得できました。

しかし、ただ酷評しているだけではないのです。

▲例えばこちら、3列目シートを出したときの荷室では「傘ぐらいしか載らない」と、酷評ともとらえられるのですが

▲例えばこちら、3列目シートを出したときの荷室では「傘ぐらいしか載らない」と、酷評ともとらえられるのですが

▲3列目を倒し「やはり荷室にするなら3列目のシートを倒すのが正しい」「5人までなら荷物も大丈夫」

▲3列目を倒し「やはり荷室にするなら3列目のシートを倒すのが正しい」「5人までなら荷物も大丈夫」

このように、実際に使用するシーンを考慮した、デメリット面も言ってくれています。

ツイートに関するコメントの中でも、「売る気あるのか(笑)」などとも言われていますが「逆に悪いところを言っていて信頼できるかも」「潔くていい」「遠まわしにほめているような感じ」と称賛する声も実際にありました。

ツイートが盛り上がった理由は「ただ面白いから」ではなく「しっかりと紹介している」という部分も評価されているのでしょう。

▲しかし、こちらの日産 グロリアの場合「ね!かっこいいやろ?」とか

▲しかし、こちらの日産 グロリアの場合「ね!かっこいいやろ?」とか

▲「たまらん」とかほめ全開の印象です。昭和車が好きなのでしょうか?(笑)

▲「たまらん」とかほめ全開の印象です。昭和車が好きなのでしょうか?(笑)

いったいどんな人がどんな思いでこのようなコメントをしているのか、とても気になりませんか??

ということで、一路福岡県に飛び、担当の方をインタビューしてきたのでその模様をお届けします!

売り物なので車がいいのは当たり前! お客さんに気持ちよく購入してもらうため、不便に感じたことを正直に述べていた

▲店舗に到着すると、心地よく迎えてくださった社長の上野さん。何を隠そうあの独特な車の紹介文を書いているのはこのオジサンです

▲店舗に到着すると、心地よく迎えてくださった社長の上野さん。何を隠そうあの独特な車の紹介文を書いているのはこのオジサンです

福岡空港から車で40分ほどの場所にある「三並自動車販売」に到着しました。社長とあいさつを交わし、名刺交換をするとそこには「代表取締役 上野」とありました。

苗字は三並ではないのか……?店名の由来を尋ねたところ、「三並」は近所の交差点の名前だったそうです。

このお店自体は平成12年から営業しているそう。

あの独特な紹介文を書き始めたのはNETに物件を載せた当初から行っており、もう10年ほどになるそうです。

「社長の好きに思ったことを書いてください」と、当時の営業担当に言われたのがきっかけ。

上野社長は、決して狙って面白おかしく毒舌系(?)の紹介文を書いているのではありません。

「程度などが悪いものは売らないので、売っている車がいいのは当たり前。でも、売れればそれでいいってもんじゃないよね」と、上野社長は語ってくれました。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。