ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Jリーグ開幕25周年記念イベントにジーコが登場! レジェンドが語るJリーグのすごいところとは?

Jリーグ開幕25周年記念イベントにジーコが登場! レジェンドが語るJリーグのすごいところとは?
5月14日(月)に東京・EX THEATER ROPPONGIで開催された「J.LEAGUE 25th Anniversary LIVE supporting radio J-WAVE」(MC:サッシャ)。Jリーグが今年5月15日に開幕25周年を迎えることを記念し、音楽とサッカーがコラボレーションしたイベントです。

KREVA、BRADIO、Little Glee Monsterの3組による音楽ライブと、Jリーグから槙野智章選手(浦和レッズ)、中澤佑二選手(横浜F・マリノス)、そしてスペシャルゲストとしてジーコ元日本代表監督を迎えたトークをお届けしました。

ここでは、Jリーグにまつわる豪華ゲスト3人を迎えたトーク・パートから、今回のイベントためにはるばるブラジルから来日したジーコさんのパートの模様をご紹介します。

ジーコさんは、「みなさまこんばんは。どうもありがとうございます」と日本語で挨拶。会場からは割れんばかりの拍手と歓声が沸き起こりました。

DSC_7047.jpg

ジーコさんが鹿島アントラーズの選手として日本に来たのは、Jリーグが開幕した25年前。当時からジーコさんはサッカー界のレジェンドでした。一度引退していましたが、Jリーグができるということで現役復帰し、日本にサッカーを教えてくれました。

ジーコ:当時、日本はアマチュアサッカーで、プロ化するということで、「ぜひジーコのノウハウを」ということで、特別に呼ばれて。自分も「まさか日本に来るとは」と思ってたんですけど、とにかく一生懸命やりました。それが実って25周年。本当に嬉しいですね。

当時、ジーコさんは日本に招かれるにあたり、まずは日本人の国民性について勉強。「日本人は勤勉で、目標に向かってみんなで一生懸命に努力する」と感じたジーコさんは、「これならいい仕事ができるかも」とオファーを引き受けたと明かしました。

TPK_9348.jpg

日本の選手たちは、ひとつのことを教えると集中して覚え、すぐにまた「新しいことを覚えたい」と意欲的。上達が非常に早かったと振り返ります。今回のゲストでもある中澤佑二選手も、学びたいという真剣な姿勢が記憶に残っているとか。

これまで世界を見てきたジーコさんが、Jリーグのすごいところとして挙げたのが、「選手のコンディションをすごく考えている」ところ。具体的には、試合と試合の間に余裕のあるスケジュールを組むことに感心したそうです。

日本は、Jリーグが誕生して以降、W杯の出場を逃したことがありません。さらに海外チームでも多くの日本人選手が活躍している現在に「当時は考えられなかった」とその成長ぶりを称えました。

DSC_7007.jpg

会場に集まったお客さんと記念撮影に応じ、サイン入りのサッカーボールをプレゼントするなど、ファンサービスもしてくれたジーコさん。最後には、今回のような記念日には「また呼んでもらいたい」と嬉しい言葉を残してくれました。

TPK_9369.jpg Photo0514_01.JPG

【「J.LEAGUE 25th Anniversary LIVE supporting radio J-WAVE」レポート】
■BRADIO、Jリーグ開幕25周年を祝福! 真行寺がサッカーをやっていて感激した理由とは?
■Little Glee Monster、25周年を迎えたJリーグに「大先輩です」 ライブでサッカー日本代表を応援
■KREVA「Jリーグという居場所をつくってくれてありがとう」開幕25周年を20万人と共にお祝い
■浦和レッズ・槙野智章「サッカーの醍醐味はゴールだけじゃない」 パフォーマンスに込めた熱い想い
■横浜FM・中澤佑二は約600試合出場!「長年、活躍する秘訣」がストイックすぎる
写真提供元:J-WAVE/Jリーグ

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。