ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅人も、そうじゃない人も。「プライオリティ・パス」が空港で過ごす質を確実にあげてくれる!

旅人も、そうじゃない人も。「プライオリティ・パス」が空港で過ごす質を確実にあげてくれる!

こんにちは! トラベルライター・フォトグラファーの古性のちです。

現在日本を離れて1ヶ月。トランジットで降り立った空港は8個、飛行機には6回乗りました。移動大好き人間なので、あっちこっち文字通り、気の向くまま飛び回っています。

無事ネパールに到着しました✈︎ 今日はずっと窓際の席だったんだけど、少しまどろんで目を開けると雲の上にいて、もう1回まどろんでみたら夢の中でも雲の上にいて..みたいな、なんだか寝ても覚めても空を飛んでいた1日でした。

おじゃまします、ネパール。はじめまして。 pic.twitter.com/d97MfInzlb

— 古性 のち (@nocci_84) 2018年3月4日

仕事柄もそうですが、もともと旅好きなので、空港を訪れることが多いわたし。「なるべく移動費を抑えめにしたい」と考えて安いチケットを取ると、トランジットが8時間や10時間になってしまうことも多々あります。

そんな長い乗り継ぎ時間を「空港、めちゃくちゃ快適!」に変えてくれる魔法のカードがこちらの魔法のカード『プライオリティ・パス』!

世界一周をしていた時からお世話になっているので、かれこれ彼とは2年の付き合いになります。

 

プライオリティ・パスとは「世界中のラウンジを利用できる」魔法のカード

世界中の空港に「プレミアムラウンジ」と呼ばれる会員制のラウンジが1,200箇所以上あるのをご存知でしょうか?

このプライオリティ・パスは、それらのラウンジを利用し放題にしてくれるカードなんです。世界一周などの長期旅に出る旅人には、もはや定番となったこのアイテム。このラウンジ達があまりにも快適すぎて、旅人界隈では「旅のセーブポイント」と呼ばれていたり、いなかったりします。

ウィーン空港のSkyラウンジがとっても綺麗〜!静かだし広いし朝食充実してるしFi-fi速いし今まで回った中でもトップクラスかもしれない。もはや世界中のラウンジ回るのが楽しみで仕方なくなってる。世界一周考えてる方は、このラウンジに入るためのプライオリティパス絶対に必須です✈pic.twitter.com/TTUxgew5oc

— 古性 のち (@nocci_84) 2016年12月9日

今回は、そんな旅人たちが愛してやまない「プレミアムラウンジ」の特徴と実際に利用してみたレポート、そしてこのプライオリティ・パスの入手方法までをまるっとお伝えしたいと思います!

 

プレミアムラウンジの特徴を大きく3つに分けてみました

まずはこの旅人界で「セーブポイント」と呼ばれるプレミアムラウンジの特徴を3つ。できることは色々あるのですが、大きく分けると以下3つです。

その1. その国のご飯・飲み物・デザートなどを無料で食べることができる

最大の魅力はここかもしれません。ラウンジごとにクオリティはまばらですが、その国の名物料理やドリンク、スイーツを無料で食べることができます。もちろん、おかわりも自由!

ラウンジによっては専用のシェフが待機していて、オーダーに合わせて調理してくれることも。そんなラウンジに当たった日にはもう、いくら貧乏旅行をしていても気分はビジネスクラス。

機内持ち込み用の水なども用意されているので、乗り込む前にさらりと立ち寄って、飲み物とスイーツだけテイクアウトしていくことも可能です。

その2. 安定したWi-fiがGETできる為、情報収集や仕事がサクサクできる

1 2 3 4 5 6次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy