ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミント、パクチー、ライム。この暑さを待っていた!

ミント、パクチー、ライム。この暑さを待っていた!

タイの東北エリア、イサーン地方で親しまれる家庭料理「ラープガイ」は、さっぱりとした「鶏ひき肉のサラダ」。おなじみのナンプラーやパクチーで味付けをすれば、あっという間に真夏をスカッとさせてくれる前菜の完成です。

Food52」のAlexandra Staffordさんが参考にしたレストランでは、トーストした米粉を添えているそうですが、このレシピは米粉抜きのちょっぴりカロリーオフバージョンです。

ラープガイ・サラダ
(タイ風ひき肉サラダ)

ミント、パクチー、ライム。この暑さを待っていた!Photo by Alexandra Stafford

このレシピは、カリフォルニア州エメリービルにある〈サマー・サマー・タイ・イータリー〉のラープガイにインスピレーションを受けたもの。2週間ほぼ毎日これを食べ続けましたが、一切飽きませんでした。

フレッシュで軽め、でも満腹感はしっかり。トーストした米粉が添えられている同店のラープガイは、とてもおいしい!のですが、私の自家製ラープガイは米粉抜きバージョン。

ハーブやエシャロット、春玉ねぎ、ライムドレッシングを加えれば十分味が出ます。玄米とレタスと一緒に出すのは、お店のそれ(それからその他タイ料理屋さんも)と同じです。

レシピは「Bon Appétit」より引用し、独自のアレンジを加えています。

材料(4人分)

ミント、パクチー、ライム。この暑さを待っていた!Photo by Alexandra Stafford

鶏の挽き肉:450g

ライム果汁:1/3カップ(大体2個)

ナンプラー:大さじ2と小さじ2

砂糖:小さじ1と1/2

春玉ねぎ(薄くスライス):1カップ

エシャロット(薄くスライス):3/4カップ

唐辛子(薄くスライス/タイ・バード、セラーノ、ハラペーニョなど):大さじ1(お好みで加減)

パクチー(みじん切り):1/2カップ

ミント(みじん切り):1/4カップ

ロメインレタス、リトルジェム、もしくはボストンレタス:適量

炊きたてのご飯:適量

作り方

【1】鶏と1/4カップの水を大きなフライパンに入れて、中火にかける。適度に混ぜながら、大きな鶏のかたまりを崩して、しっかり火を通らせる(約8分)。茶色くさせないようにするには弱火に。

【2】ライム果汁、ナンプラー、砂糖を小さなボウルに入れて、砂糖が完全に溶けるまで混ぜ、できたら横に置いておく。

【3】春玉ねぎ、エシャロット、唐辛子をフライパンに入れて、野菜がやわらかくなり、ほとんどの水が蒸発するまで3〜4分調理。できあがったら火から外す。ソース、パクチー、ミントを入れて、具材とよく絡まるまで混ぜる。

【4】できあがったラーブは、レタスと炊きたてのお米とともにサーブする。ミント、パクチー、ライム。この暑さを待っていた!Photo by Alexandra Staffordミント、パクチー、ライム。この暑さを待っていた!Photo by Alexandra StaffordWritten by Alexandra StaffordLicensed material used with permission by Food52

関連記事リンク(外部サイト)

エビとグレープフルーツというタイ料理でこその組み合わせ
【保存版】タイの家で食べられるような「タイ風サラダ」が辛くてウマい!
おやつ代わりに「パスタサラダ」を

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy