ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アイスを食べるたびお腹で大暴れしてた赤ちゃん。やっぱりアイス好きな子に?

f:id:akasuguope01:20180313212624j:plain

私はアイスが大好きで夏だけではなく1年中、冷蔵庫に常備しているほどです。暖房をきかせた部屋でキンキンに冷えたアイスを食べる時間は至福のひと時でもあります。

体重管理の関係上、甘いものは極力控えるよう指導されていた妊娠中もアイスだけはやめられませんでした。 関連記事:お腹を通して感じられた子どもの成長。大きいお腹を愛しく感じた特別な10か月間

そんなアイス好きの母の子どもということもあり、我が子たちもアイスが大好きです。「冷たい!」といいつつもおいしそうにぺろりと食べてしまいます。

そしてその傾向はお腹の中にいるころからありました。私がアイスを食べると胎動がいつも以上に激しくなったからです。よく食事をとったときは胎動が激しくなるという話を聞きますが、我が子たちは私がアイスを食べるとさらに激しく動き回っていました。

いつも以上に激しく動き回る我が子に「よしよし。そんなにアイスおいしいの? 大きくなったら一緒に食べようね。イテテ」と語りかけたのが懐かしいです。

その言葉を覚えていたのか、生まれた後ちょっとしたおもしろいことがありました。

我が子が生後8ヶ月の頃のことです。その日も子どもを寝かしつけたあと「今日も1日育児おつかれさま。そして今晩も夜泣きを頑張ろう会」をひとりささやかに開催していました。ぼーっとしながらテレビや撮りためた録画を見たり、アイスを食べたりする時間です。

その日もおいしくアイスを食べていたところ、なんと子どもが起きてしまいました。

すぐ授乳をしたものの、まったく寝付く様子もなかったので、しばらく起こしておくことにした私。ちょうどアイスを食べていたこともあるので、食べきってからもう1回寝かしつけようと急いでアイスを食べていたら、子どもが凝視してきたのです。

当時、我が子は離乳食に全く興味がなく、私や夫が楽しそうに食べている様子を見ても無反応という状態。それがまさかのアイスでよだれまでたらしているほど興味津々だったのです。こんなに食に意欲的な我が子を見たのは文字通り「生まれて初めて」だったので、なんだか笑ってしまいました。

もちろん、アイスを食べると胎動が激しくなったのも、私がアイスを食べる様子を凝視していたのも偶然だったとは思いますがかなり印象的でした。

単純ではありますが「明日からも育児頑張ろう~!」と思えた出来事です。 関連記事:女児らしからぬ胎動の激しさで改めて気づいた・・「この子、私(=ジャイ子)の子だった!!」 byうだひろえ

f:id:akasuguope01:20180225030518j:plain

著者:ゆめさい

年齢:34歳

子どもの年齢:9歳、7歳、2歳

元気いっぱいな3人の子どもたちにふりまわされている? ふりわましている? 3児の母です。「明日こそダイエット開始!」と「明日こそ優しく!」が口グセになり早●年……。日に日に「きれいで優しいママ」からは遠ざかっていますが、たくましい母ちゃん目指して日々精進しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

9ヶ月ベビーの一日は、3歳お兄ちゃんのペースに振り回されっぱなし!
生後3ヶ月で既に兄妹そっくり! 思わず笑ってしまう赤ちゃんの仕草
家でも電車内でも大人数でもできる!子どもが喜ぶ「サンドイッチごっこ」遊び by ヤマモト

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。