ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

結局シンプルなものに落ち着いたわが家の離乳食食器セット

f:id:akasuguope01:20180313220810j:plain

赤ちゃんが成長してくると、離乳食が始まりますよね。赤ちゃんがあーんと口を開けている姿は可愛いものですが、せっかく作った離乳食を食べてくれなかったり、ひっくり返されたりすることもよくあるものです。

わが家の長男は0歳5ヶ月から離乳食を始めました。私は料理が苦手で、しかもずぼらなので、離乳食も便利グッズを使ったり、簡単に作れるメニューを考えたり、自分にとって負担が少ない方法を選びました。

そんな私があれこれ使ってみた離乳食セットのお話をしたいと思います。

離乳食を始める時、私は育児用品売り場へ行って離乳食セットを買いました。1つはプラスチック製でキャラクターの絵が描かれた平皿と深皿、お茶碗とスプーン、フォーク、コップがセットになっているものです。もう1つは小さなすり鉢とすりこ木、裏ごしをするネットと蓋のセットでした。

私が離乳食セットを買うときに気をつけたことが2点あります。赤ちゃんが使う物は清潔にしたいと考えていたので小さなパーツが無く分解して洗ったり消毒したりできるもの、調理や手入れにあまり手間がかからないもの、この2点です。 関連記事:初めて離乳食器セット。具だくさんのうどんなどが入るボウルが重宝します!

このようによく考えて買ったはずの離乳食セットですが、しばらく使ってみて、ほんの少量の離乳食を入れるにはお皿が大きすぎることに気がつきました。それぞれの大きさも違うので重ねて置くことができず場所をとることや、電子レンジに入れられないことも気になりました。

さらに、一度にまとめて調理をして冷凍ストックにしていたので、すり鉢とすりこ木、裏ごしネットは小さすぎることに気がつきました。

離乳食は一時的な物でずっと続くわけではないので、このまま我慢して使い続けても良かったのですが、できるだけ楽をしたいずぼらな私は買い換えを決意。

今度の行き先は育児用品売り場ではなく、100円ショップです。手のひらサイズで深めのプラスチック皿3枚セットを買いました。キャラクターや柄はついていませんが、深さと大きさがちょうどよさそうなものを選びました。すり鉢とすりこ木、裏ごしネットは元々持っていた普通サイズのものを使うので新たには買いません。

新しいプラスチック皿は大きさもちょうどよく、長男がひっくり返したり誤ってテーブルから落としたりしてもそれ程気になりませんでした。電子レンジも使えるので冷凍ストックの解凍にも使えて便利でした。

育児用品店で買った離乳食セットは1歳6ヶ月頃、食べる量が増えてから使いました。育児用品店で売っている離乳食セットも使うタイミングによっては便利なのかもしれません。

現在0歳4ヶ月の長女がもうそろそろ離乳食開始の時期です。スプーンとフォークだけ買い足して、長女には初めから100円ショップのシンプルなお皿を使ってもらおうかなと考えている今日この頃です。 関連記事:離乳食の食器選びは大切!上手に選べば食べる子どもも、作る私も楽しくなる

f:id:akasuguope01:20180313213854j:plain

著者:orihime

年齢:33歳

子どもの年齢:2歳6ヶ月、0歳4ヶ月

本州最北端の地で、2歳6ヶ月の甘えん坊な長男と0歳4ヶ月の食いしん坊な長女の2人育児に奮闘中です。シングルマザーを経験した後、現在の夫と知り合いステップファミリーになりました。海と山以外は何もない田舎暮らしですが、家族で賑やかに暮らしています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

一度に口に入れる量を加減しない赤ちゃん。コロコロおにぎりであわや窒息!
好き嫌いが多い次男の離乳食。悩んで導き出した2つの工夫
離乳食ビギナーにリアルに役立ったのは、本でも講座でもなかった! by チッチママ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy