ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

40万人に調査したら、「仕事で努力する1番の理由」がわかった

40万人に調査したら、「仕事で努力する1番の理由」がわかった

 

『inc.』のJeff Hadenさんの記事によると、全米の40万名以上を対象に調査をした結果、「昇進が効果的に管理されている」と社員が思うとき、2倍以上の確率で、より熱心に仕事に励み、企業にも長くとどまる選択をすることがわかりました。

 

『評価基準』にフォーカスせよ!

40万人に調査したら、「仕事で努力する1番の理由」がわかった

それだけではありません。「昇進管理がきちんとされている」と思うとき、彼らは5倍以上の確率で、経営陣の言動に信頼を寄せるのです。

この結果として、何が起こると思いますか?

これらの企業では、社員の離職率が、同一業界内の他企業の半分となって、生産性や、革新性、成長率はライバル企業を上回ります。さらに、株式を公開している企業の場合は、株のリターンが市場平均値の約3倍にまで跳ね上がるのです。

直感的に考えても、これらは不思議なことではありません。

上司が知り合いを昇進させれば、社員は“生産性が重要でないこと”にすぐに気付くでしょう。仕事上の関係だけでなく、個人的なコネを築くことこそが大切なのだと考えるのです。

年功序列式の昇進を行えば、社員は単に長く働くことだけが大切なのだと、すぐに悟ります。

倫理観に問題のある人物を昇進させれば、社員は、方法や手段に関係なく、成果だけが重要なのだと考えてしまいます。

リーダーとしてかける言葉は確かに重要ですが、何よりも注目されているのは、どんな行動をしているか、です。

誰かを評価する立場であるならば、企業と社員の両方のために、自分のバリューを昇進のプロセスに反映させるまで、無駄な時間を費やさないでください。

一歩さがって、あなたが使用している基準に目を向けるべきなのです。40万人に調査したら、「仕事で努力する1番の理由」がわかった

人に仕事を任せるということは、空席を埋めることではありません。相応しい人物に、仕事を与えるのがマネジメントする立場の責任です。

HubSpot の共同創設者のDharmesh Shahが述べるように、「成されるべき物事を実行する人物」が必要とされているのだから。

チームワークが最も重要なら、最高のチームプレーヤーを昇進させてください。生産性が最も重要なら、一番生産的な社員を昇進させましょう。

正しい物事を成し遂げることが最も重要なら、正しい物事を成し遂げる人々を昇進させるのです。

さもなければ、すべて机上の空論。口先だけの約束だと思われた瞬間に、信頼は失います。それが企業内に知れ渡ると、全員に悪影響を与えるでしょう。Licensed material used with permission by Jeff Haden

関連記事リンク(外部サイト)

人生の中間地点!40代男性に贈る「これから40年の生き方」
「生理で仕事に集中できない」のホントのところ。
ストレスになるだけで、実は成長につながらない4つのこと(仕事編)

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy