ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

miwaも驚愕! UVERworld・TAKUYA∞の社交性がスゴイ「クラブで出会ったヤツの家に…」

miwaも驚愕! UVERworld・TAKUYA∞の社交性がスゴイ「クラブで出会ったヤツの家に…」
J-WAVEの番組『GYAO! CLUB INTIMATE』。アーティスト同士が本音で語り合うこの番組。5月11日(金)のオンエアでは、UVERworld・TAKUYA∞さん(V)と、シンガーソングライター・miwaさんの対談2週目をお届けしました。

■miwaが“かぐや姫”みたいな髪型に?

最初の話題は、miwaさんの「今だから話せるデビュー秘話」。

TAKUYA∞:俺、笑ったのがmiwaちゃんのデビュー秘話。前髪の幅が耳くらいまであった(笑)?
miwa:すごく幅広くて。高校生のときにけっこう前髪を切っちゃってたんですね。それを見たソニーの人が、今のヘアメイクさんはデビューからずっと変わってないんですけど、ヘアメイクさんを呼んで「この子をデビューさせるんだけど、髪型どうしたらいいと思う?」、「まず、前髪の幅が広すぎるんじゃないかなぁ」って(笑)。前髪の幅を狭めるところからデビューの準備をはじめました。
TAKUYA∞:ここまで伸ばさなあかんわけやもんな。なかなか時間かかったよな?
miwa:そうです。ちょっとかぐや姫みたいな状態のときもあったんです。それを隠しながら(笑)。

■ボーカリストならではのこだわり

続いて、miwaさんの音へのこだわりから、ボーカリスト同士のマイク談義となりました。

TAKUYA∞:miwaちゃんは音とか、けっこうこだわってるよな。
miwa:エンジニアさんとか、めっちゃ好きです。『miwa ballad collection 〜graduation〜』というアルバムを作るときは、ロサンゼルスでマスタリングしました。
TAKUYA∞:俺の偏見やけど、歌がうまい人って、あまりそういうことを気にする人がいない。たとえば、何のマイクで録ってるとか、訊いても知らん人が多い。
miwa:えー! 信じられない。何で録ってるんですか?
TAKUYA∞:俺はさまざま。好き過ぎて、その日の気分とか曲によってマイク買っちゃう人やから。
miwa:キリがなくないですか?
TAKUYA∞:ないけど、「これ」と思ったものを3本くらい持ってる。NEUMANN U67とBrauner、あとBLUEの3本は、いいと思って買ってる。
miwa:『ODD FUTURE』は何にしたんですか?
TAKUYA∞:これはBrauner。
miwa:何で分けてるんですか? Braunerはどういうとき?
TAKUYA∞:Braunerは海外の人がハマって使っていて、英語が乗りやすいマイクで、ハイがシャリっとしてる。この曲はもともと日本語を減らして、聴感上気持ちいいものにしたいと思ってたから。ほぼ日本語になったけど。
miwa:でも、日本語の切れるとこが面白いですね。サビとか。
TAKUYA∞:ありがとう。ちなみにマイクな何が好きなん?
miwa:ずっとデビューからNEUMANN M149 Tubeを使ってたんですけど、最近はソニーのC-800Gです。
TAKUYA∞:わかる。800Gとか俺はあわへん。でも、miwaちゃんにものすごく合いそう。
miwa:私も最初は、NEUMANNから切り替えのときがけっこうキツくて、「全然ピンとこない」、「自分の声が抜けて聞こえない」って感じで、頑張って歌っちゃったりとかして。打ち込みが多いときとかは800Gのほうがいい感じです。「面」って感じで。
TAKUYA∞:ほお、わかってるわー!

■TAKUYA∞の「友だちのつくり方」

昨年、72本のライブを行ったというUVERworld。「もうちょっとやりたい。ライブ楽しいもん」と言うTAKUYA∞さんは、演奏だけではなく「ライブ前後も楽しい」と、フットワークの軽さを感じさせるエピソードを明かしました。

TAKUYA∞:その土地に友だちができる。
miwa:友だちできるんですか!?
TAKUYA∞:俺、47都道府県に友だちいるで。
miwa:えー! どうやって作るんですか?
TAKUYA∞:ああ、そうか。そこには女性と男性の差はあるかもしれんわ。俺、「はじめまして」で仲よくなる人。去年とか福岡でクラブに行って、そこで出会ったヤツの家とかに泊まった。
miwa:そんな番組ありますよね(笑)。
TAKUYA∞:そいつ大学生やったけど、はじめそいつが舐めた感じで話しかけてきて。そのとき俺ひとりやったから、友だち欲しいなと思って、普通に受け入れた。仲良くなっていって、そのうちのひとりが「車で一時間くらいかかるんですけど、熊本の家に来てください」って言うから、車に乗って熊本行って、そいつの家に泊まって、そいつのお母さんの朝ごはん食べたりして、「おまえ最高」みたいな。「普段何してんの?」って訊いたら、「司法書士の資格を取りたいんです」って、けっこう勉強してた。
miwa:真面目な学生さんだったんですね。学生ってワンルームに住んでたりするじゃないですか。その家にTAKUYA∞さんがどうやって泊まるんだろう。
TAKUYA∞:そいつは実家やった。こっちはウィキペディアみたら素性がわかるわけやから、むこうは全然ウェルカムみたいな。今日、スタジオにいる、ひとり連れてきたやつ。あいつはもともとファンクラブに入ってて、去年に街で出会った。
miwa:ファンの方(笑)? 何の仕事としてスタッフさんになったんですか?
TAKUYA∞:今日はこれの前に歌番組の収録があって、あいつはファンクラブやから、観覧募集で「明日当たりました」って。「OK。そのあとに俺のマネージメントをしろ」って言って、ここに連れてきた。
miwa:じゃあ初現場ですか?
TAKUYA∞:初現場。
miwa:そんなことありえるんですか!?
TAKUYA∞:あういうヤツとしゃべっていると、俺が覚えてないこととかを覚えてたりするわけ。「あの日のあのライブの、あの曲とあの曲の間で、なんであのMCしたんですか?」みたいな。そういう面白さもある。でもmiwaちゃんは絶対やったらあかんよ。
miwa:(笑)。想像つかないですね。毎回ライブに来てくれているお客さんを覚えたりはしますけど、友だちになる機会がないですね。

そのあとも「マスクとかせず、このままの姿で走るからファンがついてくるねん。10キロちゃんとついてこられたヤツとは番号交換したりする」と、ファンとの驚愕の触れ合いエピソードを明かすTAKUYA∞さん。「自分のことを知ってくれている人と一緒にいるほうが楽しい」と語り「友だち5万人作ってドーム公演やろうかな」と壮大な夢を打ち明けていました。

なおGYAO!の特設サイトではトークの様子を動画で配信中です。こちらもぜひ、チェックしてみてください!
https://gyao.yahoo.co.jp/special/clubintimate/

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GYAO! CLUB INTIMATE』
放送日時:金曜 23時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/clubintimate/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy