ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『孤狼の血』白石和彌監督インタビュー 「仁義を大切にしている昭和の男が消えていく哀愁を描く事に心を砕きました」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暴対法成立直前の昭和63年の広島。警察、ヤクザ、そして彼らを取り巻く女たちが、それぞれの正義と矜持を胸に魂を賭けて生き残ろうともがく姿を描いた映画『孤狼の血』。破天荒な捜査を厭わない刑事・大上役の役所広司さんをはじめ、松坂桃李さん、江口洋介さん、竹野内豊さん、石橋蓮司さん、ピエール瀧さんなど、豪華なキャストが揃い、広島・呉でロケを行い、時として凄惨なシーンも織り交ぜられる迫力に魅せられる作品となっています。

ここではこの大作をまとめ上げた白石和彌監督にインタビュー。大役を務めた心境や、昭和を表現する絵作り、そして2018年にヤクザ映画を発表する意味についてまでお聞かせ頂きました。

korou_shiraishi_03

ーーまず、『孤狼の血』の監督のオファーを受けた時のお気持ちからお願いします。

白石和彌監督(以下、白石):いや、「僕でいいのかな」と思いましたよ。僕はピンク映画やインディーズなアングラ出身の助監督だったし、『日本で一番悪い奴ら』が日活さんと東映さんで共同配給して下さったこともあったと思いますけれども、そんな実績としてもまだまだだったし、よく抜擢して下さったとは思いますけれども。「いいのかな、大丈夫なのかな」と思いましたね。不安はありましたよ。

ーープレッシャーも大きかった、と。

白石:もちろんそうですね。でも腹くくった以上は、もう徹底的に自分の持ち味を出しながら、やれることはやろうとは思いましたけれども。あとは、プロデューサーのみなさんが「まずR15にして下さい」とか、「中途半端なものを求めていないですから」ということをおっしゃって下さっていたので、すごく背中を押してもらえましたね。

ーー『孤狼の血』ですが、日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子先生の小説を映画化するということで、監督の中で一番こだわったポイントはどういったところになるのか、教えてください。

白石:そうですね。難しかったのは、やっぱり柚月先生の原作が『仁義なき戦い』や『県警対組織暴力』などの東映さんの昔の実録ヤクザ映画を基にしていて、それをどう映像化するかというところですね。じゃあ、深作欣二監督みたいに手持ちでグラグラといったカメラワークで撮ることが、はたして正解なのかどうなのか。そういった大きい作品を監督という立場で預かるとしても、そこのクオリティをどう設定しようかなというのは考えました。それで、思い切って端正に撮っていく事を選択したんですけれど。なので、昔のパッションを持ちながら、現代のノアールというか実録風の映画を構築しようというのは、一番考えたところですね。特に、原作でも書かれている、古き良き仁義を大切にしている昭和の良き時代の男たちが消えていくというのが哀愁があるというのがベースなので、実は仁義なき話ではないんですよね。それをどう映画として構築して見せようかということに心を砕きましたね。

ーー監督ご自身、映画のどのようなところに惹かれましたか?

白石:やっぱり『仁義なき戦い』などをベースにしているとはいえ、警察が主人公で様々なミステリーが物語に関係してくるところです。主演のひとりである日岡が抱えている、ある秘密も、それが小説だから成立しているのですけれども、映画の中でどうするかっていうのを考えなければいけないところでした。あとはヤクザを描くこと自体が今どきすごく難しくなってきているので、それは僕にできるかなという思いもありました。ただ僕は助監督やり始めた頃に、ヤクザもののVシネマとか、制作会社にもそんな感じの方もまだいる時代でしたので(笑)。有力な人に相談すればロケ場所が全部用意されてあるとか、謎の撮影をやったり。そういったことが活かせる、ということはありましたけれどね。

ーー『孤狼の血』は広島の呉市がモデルです。ロケ地はどのようにお探しになったのでしょうか。

白石:まず脚本をつくるうえでも「呉を見に行きたい」というのはプロデューサーにお願いして、(前作の)『日本で一番悪い奴ら』のキャンペーンをやっている最中に、広島キャンペーンがあって、その前日か前々日くらいに乗り込んで呉の街を見て回ったんですよね。柚月先生もおそらくご覧になったと思うんですけれど、僕の呉の印象が昭和63年で時間が止まっているように見えたんです。当時はもう少しスナックの数が今よりも多かったとか、当時の熱量から比べると小さくなっているというのはあるのかもしれないですけれど、そんなにロケ加工しなくてもいけるかなというのと感じました。もう一つ、『仁義なき戦い』シリーズは呉を舞台にしておきながら、京都撮影所とその周りの商店街で撮っています。実際に呉で撮っていないのであれば、あえて頑張ってやることで、何かまた違う色合いが出せるのでは、という希望や計算がありました。

ーー呉で映像の空気感がそのまま出来上がっていった、と。

白石:そうですね。呑み屋に行ったら、みんな呉弁をしゃべっているでしょうし、そういうことが、多分俳優も行って演じることがすごい糧になるだろうなと思いました。

korou_shiraishi_04

ーー劇中に何度か登場する養豚場のシーンが印象的でした。

白石:大変だったんですよ。豚を連れて来るのに、買い取ると一頭10万円だとか。買っていられないですからね。それでも、協力して貸してくれる方がいらっしゃったんです。やっぱり『孤狼の血』というタイトルで、狼に対するものは豚だろうな僕はと思ったんです。狼はなかなかいないからね、日本に。いれば狼という話になったかもしれませんけれど。とにかく、「ここは豚だ」とこだわりましたね。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy