ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「愛しきれない」という事象について

「愛しきれない」という事象について

 

どこで見たかは忘れたのですが、かつての恋人に関するインタビューの中で、あるおばあちゃんがそう言っていたんです。

わたしは疑問を抱きました。愛し「きれない」って、なんだろう?って。

愛し「きれない」とは

 

そもそも愛し「きる」とは、愛することを成し遂げること。つまり自分の100%の愛を与え、そしてその愛に終わりがきたとしても、愛した事実に1ミリの後悔もない状態だと思います。

勉強でも仕事でもそうですが、何かに本気で向き合った経験って、たとえ結果が良くなかったとしても達成感があるもの。「あの時こうしてれば」なんて後悔はないはずで。

 

というところから考えて、愛し「きれない」のは、きっと、100%の愛を与えきれない、与えたいけれど何らかの理由で与えられない、というような状態なんですよね。

たいせつな人を、本気で愛せてる?

 

愛し「きれない」のは、苦くて、辛くて、悲しいものです。多かれ少なかれこういう経験のある人は、恋愛に臆病になってしまうのかもしれません。

でももとは他人だった誰かを愛せるって、人生に何度とない経験でもあって。そんな貴重な経験を、嫌な思い出にはしたくないし、まっとうしないわけにはいかないな、と思うのです。

愛し方はさまざまです。顔を突き合わせてはなし合うことかもしれないし、時々ひとりにしてあげることかもしれない。毎日「愛してる」と伝えることかもしれないし、記念日には必ずプレゼントを贈ることかもしれない。

自分に無理のない、かつ相手の性格に合う方法で、そこにはいつも本気を込めて愛を与えることが、愛し「きる」という結果に繋がるのでしょう。

 

関連記事リンク(外部サイト)

本物の「愛してる」のサインは、4つのボディーランゲージでわかる
「あっ、私って愛されてる。」と気づいた13の瞬間
「本気で愛されたことのある女性」を、騙すことはできない

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。