ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

そして、誰もいなくなりました

そして、誰もいなくなりました

 

GIGI CIFALI が撮影した、閉鎖された公衆浴場の写真たち。

よく見てみると、突き当たりには「DEEP END」の文字。調べてみると、「一番深いところ」っていう意味らしい。よく考えてみればわかるんだけど、書いてある場所が場所だったもので。

日本のプールは真ん中が一番深くなっていることが多いのに、海外のプールは端が深くなっているんですね。(これ、地味だけど結構発見でした)

 そして、誰もいなくなりましたそして、誰もいなくなりましたそして、誰もいなくなりましたそして、誰もいなくなりました

 

思い出したのは、水がすべて抜かれた公衆浴場のシーンが印象的な映画、『早春』(1972年)のこと。その原題が『DEEP END』なんです。

年上の女性に恋をした、公衆浴場ではたらく15歳の少年。どうにも気持ちをとめられなくて、とにかくいろいろやらかします。深く深く、なによりも深く、その女性に焦がれてしまいます。そう考えると、タイトルの付け方お洒落すぎませんか? ひさしぶりに、観たくなっちゃいました。

と、話がずれましたね。ここからたくさんGIGIの写真を見れるから、気になる人はチェックしてみて!

 Licensed material used with permission by GIGI CIFALI

関連記事リンク(外部サイト)

よくわかんないけど「たぶん、未来系」なスイミングプール。
ニューヨークで撮影された写真は、映画のワンシーンのようだった
このなかにきっと、あなたにハマる映画がある。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。