ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

突然現れたニキビのような湿疹は何?その正体は「水いぼ」でした

f:id:akasuguope01:20170722222657j:plain

ある日、1歳8ヶ月の息子のお腹に突然にきびのような湿疹が出てきました。

元々肌が荒れやすい上、ちょうど初夏で暑くなってきたころだったので、あせもか何かだろうと普段塗っている保湿剤で様子を見ていたのですが、2~3日のうちに、お腹を中心に胸や太ももまで広がってきたので、急いでかかりつけの小児科を受診しました。

小児科では、「肌の状態が悪化して、湿疹が出ているのだろう」と診察を受け、ステロイド剤を処方されたのですが、出された薬を1週間ほど塗っても良くなりません。再度受診したところ、水いぼだと診断されました。

私は水いぼという病気を初めて聞きましたが、子供がよくかかる病気だそうです。

にきびのような湿疹の中に、白い膿のような塊が見えるのですが、そこにウイルスがいるのだそうです。それが肌につくと湿疹が広がるので、むやみに掻き壊すとどんどん広がってしまい、プールなどで皮膚が触れたり、ビート板などを介して感染することが多いとのことでした。

関連記事:「かかりつけ医」が決められない!ゴールもルートも毎回違う、子どもの病院ラビリンス by うだひろえ

水いぼに効く薬はなく、基本的には悪化しないように様子を見ながら免疫ができて治るのを待つだけだと言われました。

数が少なければ病院で1つずつ潰して取るような方法もあるようですが、痛みを伴う上、息子はお腹を中心に無数に広がっていたので、その方法は選びませんでした。

ひっかいて湿疹を広げることがないよう、肌の露出の少ないロンパースタイプの長袖肌着を着せるようにしました。

幸い、湿疹は服で隠れるところばかりだった上、日常的に遊んだりする分には他の子にうつす心配はありませんでしたので、今まで通り地域の支援センターや公園などへは遊びに行くことができました。

ただ、肌が触れる計測器を共用する身体測定や、従兄弟と予定していたプールデビューは、周囲の子供にうつす可能性があるので、完治するまで避けました。

自然に治るのを待つしかないとのことだったので、治るまでどれぐらいかかるのか不安でしたが、だんだんと湿疹は少なくなり、最終的には病院で水いぼと診断されてから2週間程度で完治することができました。 関連記事:もっと早く受診すればよかった!小さな体にできた大量の「水いぼ」。ピンセットで容赦なく潰され親子で大泣き

f:id:akasuguope01:20170722211309j:plain

著者:ユカリンゴ

年齢:34歳

子どもの年齢:1歳

三重県在住で1歳10ヶ月の息子の子育てをしている専業主婦です。 息子も2歳間近となり、自分の思い通りにいかない時には奇声を上げて大暴れするようになりました。 そんなイヤイヤ期もいつかは収束すると信じ、息子の寝顔と笑顔を癒しにして、家事と育児を頑張っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

赤くただれた我が子のほっぺ。良くなるきっかけを与えてくれたのは…
頭皮に黄色いかさぶたが……皮膚科でわかった乳児脂漏性湿疹
乳児湿疹が酷くなり…色々試した結果、頼りになったのは専門医の存在。 by ぽんぽん

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。