ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米ビルボード・アルバム・チャート】ポスト・マローン2週連続首位、リオン・ブリッジズ/レイ・シュリマーらTOP10デビュー

【米ビルボード・アルバム・チャート】ポスト・マローン2週連続首位、リオン・ブリッジズ/レイ・シュリマーらTOP10デビュー

 ポスト・マローンの 『ビアボングス&ベントレーズ』が2週連続の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 2018年にリリースされたアルバムとしては、週間最高となる461,000ユニットを獲得し、堂々のNo.1デビューを果たした 『ビアボングス&ベントレーズ』。登場2週目となる今週も、193,000ユニットを獲得し、2位以下と大きく差をつけて首位の座に居座った。そのうち、ストリーミングによるユニット数は160,000と依然高い水準にあるが、アルバムの純粋な売上枚数は24,000枚と大幅にダウンしている。現在のアルバム・チャート(集計)において、いかにストリーミングが重要かを示した結果となった。

 3週連続の10万ユニット超えとはならなかったが、J.コールの『KOD』(68,000ユニット)もストリーミングが好調で、先週の3位から2位に浮上。先週の13位から9位にランクアップした『ブラックパンサー:ザ・アルバム』(39,000ユニット)や、12位から10位に再TOP10入りしたミーゴスの『カルチャーII』(29,000ユニット)も、ユニット数の7割以上はストリーミングによるポイントが占めている。このストリーミング指標の算出については、2018年7月13日付チャートから集計方法から変更され、YouTubeなどの無料配信より、Apple Musicなどの有料配信サービスの比重が大きくなる。

 6位にデビューした、米ミシシッピ州出身の兄弟ヒップホップ・デュオ=レイ・シュリマーの新作 『SR3MM』は、デビュー・アルバム『シュリムライフ』(2015年5位)、自身初の全米No.1ヒットとなった「ブラック・ビートルズ feat.グッチ・メイン」収録の2nd『シュリムライフ2』(2016年4位)に続き、3作連続のTOP10入りを果たした。本作は、グループとしてのアルバム、メンバーのスワエ・リー、スリム ジミーによるソロ・アルバムがそれぞれ収録された3枚組・全27曲という大ボリュームで、曲数の多さからストリーミングによるポイント上昇が予想されたが、週間ユニットは57,000と伸び悩み、ラップ・チャートでもポスト・マローンやJ・コールに及ばなかった。

 前者とは対照的に、今週3位に初登場した米テキサス州出身のR&Bシンガー=リオン・ブリッジズの新作『グッド・シング』の週間ユニット数は66,000で、そのうちアルバムの売上が59,000枚と、セールスによるポイントが大半を占めた。尚、アルバムのセールス・チャートでは1位にデビューしている。本作は、2015年のデビュー・アルバム『カミング・ホーム』に続く2作目のスタジオ・アルバムで、前作が獲得した6位を上回る自己最高位を更新、2作連続のTOP10入りを果たしている。リオン・ブリッジズは、【第58回グラミー賞】で<最優秀R&Bアルバム賞>、【第59回グラミー賞】で<最優秀ミュージック・ビデオ>にノミネートされていて、2019年に開催予定の【第61回グラミー賞】でも、本作『グッド・シング』がノミネート、もしくは受賞する可能性が高い。

 続いて4位にも新作がランクイン。米フロリダ州出身のロック・バンド=シャインダウンの3年振りとなる新作『アテンション・アテンション』も、週間60,000ユニットのうちアルバムの売上が55,000枚で、セールス・チャートでは2位にデビューした。本作で、2008年発売の3rdアルバム『ザ・サウンド・オブ・マッドネス』(最高8位)から4作連続のTOP10入りを果たし、2012年の4thアルバム『アマリリス』がマークした4位に続く、自身2番目の最高位を更新。本作からは、先行シングル「デビル」がロック・ソング・チャートで9位、メインストリーム・ロック・ソングス・チャートで2位をマークし、アルバムのプロモーションに繋げた。メインストリーム・ロック・ソングス・チャートでは、2003年のデビュー曲「フライ・フロム・ザ・インサイド」から、全23曲がTOP10入りを果たしている。

 ロック、カントリー、ジャズなど様々なジャンルの楽曲を演奏するレイク・ストリート・ダイヴの新作『フリー・ユアセルフ・アップ』は、今週8位に初登場。本作は、2016年2月に発売された5thアルバム『サイド・ポニー』から2年振り、通算6作目のスタジオ・アルバムで、これまでの最高位だった2014年の『バッド・セルフ・ポートレイト』が獲得した18位を上回る、自身初のTOP10入りとなった。週間ユニットは32,000で、そのうちアルバムの売上枚数は30,000枚。ロック・バンドのアルバムは、やはりセールスが強い。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、5月16日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『ビアボングス&ベントレーズ』ポスト・マローン
2位『KOD』J.コール
3位『グッド・シング』リオン・ブリッジズ
4位『インベージョン・オブ・プライバシー』カーディ・B
5位『アテンション・アテンション』シャインダウン
6位『SR3MM』レイ・シュリマー
7位『グレイテスト・ショーマン』サウンドトラック
8位『フリー・ユアセルフ・アップ』レイク・ストリート・ダイヴ
9位『ブラックパンサー:ザ・アルバム』VA
10位『カルチャーII』ミーゴス

関連記事リンク(外部サイト)

5月19日付 Billboard 200 全米アルバムチャート
5月19日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
『ビアボングス&ベントレーズ』ポスト・マローン(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。