ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『関ジャム完全燃SHOW』好きな結婚式ソング1位に輝いたのは“友人”目線のあの名曲

『関ジャム完全燃SHOW』好きな結婚式ソング1位に輝いたのは“友人”目線のあの名曲

 関ジャニ∞によるテレビ朝日の音楽バラエティ番組『関ジャム完全燃SHOW』が5月13日に放送。ゲストにいしわたり淳治、zopp、藤林聖子を迎え、「結婚式ソング」の変遷と時代を超えて愛される名曲に隠された秘密に迫った。

 番組内では、アンケートをもとに集計した『好きな結婚式ソング』を20位からランキング形式で発表。それらをもとに、日本の音楽シーンの第一線で活躍するスゴ腕作詞家である3人が、その魅力と名曲を解説・徹底解剖していくといった内容となった。TOP10は以下の通り。

『好きな結婚式ソング』(番組調べ)
1位「Butterfly」木村カエラ
2位「CAN YOU CELEBRATE?」安室奈美恵
3位「乾杯」長渕剛
4位「愛をこめて花束を」Superfly
5位「One Love」嵐
6位「家族になろうよ」福山雅治
7位「永遠にともに」コブクロ
8位「トリセツ」西野カナ
9位「糸」中島みゆき
10位「ベイビー・アイラブユー」シェネル

 ランキングには新旧の名曲がズラリと並んだが、まず大きな特徴として「バンドものが少ない」ことを、いしわたりが言及。その理由について「バンドは今を歌う(刹那的な)歌詞が多い傾向にある」ためと分析した。続いて、各楽曲の魅力や歌詞に隠された秘密を次々と解き明かしていく3人。いしわたりが作詞を手がけたSuperfly「愛をこめて花束を」の歌詞について、藤森がBメロの歌詞に隠された意味を読み取り、「主人公は元の恋人に戻ってきた女性なのでは?」と分析。これに対し、いしわたり本人が「正解です」と認める一幕も。見事に歌詞に隠された意味を読み解かれたいしわたりは、番組内で繰り広げられるプロ同士の分析合戦について「こんなこと普段しないのでドキドキする」と話した。

 ランキングで見事1位に輝いたのは、結婚式当日の花嫁を友人目線で歌った木村カエラの「Butterfly」。同曲は女性から女性に向けてのお祝いソングとなっているが、その逆パターンとなるのが長渕剛の「乾杯」。男性から男性へ、祝福の気持ちをストレートに歌った名曲が男性層からの圧倒的な支持のもと堂々3位にランクインを果たしている。他のジャニーズグループに比べて「あまり愛を歌っていない」という関ジャニ∞も、この日の特集に興味津々。最後にトークゲストの高橋茂雄(サバンナ)からの「男性が恥ずかしがらずに歌える結婚式ソングを(関ジャニ∞に)歌ってもらいたい」というリクエストに対しても、まんざらでもない様子だった。

 そして、この日のジャムセッションは、CHEMISTRYをゲストに迎えての「君をさがしてた~The Wedding
Song~」。CHEMISTRYの2人が渋谷を交え、美しいハーモニーでウェディングソングとしても愛されるラブソングをしっとりと大人っぽく歌い上げた。

 次週の『関ジャム完全燃SHOW』は5月20日放送、ゲストに竹上良成、タブゾンビ(SOIL & “PIMP” SESSIONS)らを迎え、管楽器を特集する。

◎番組情報
テレビ朝日『関ジャム 完全燃SHOW』
毎週日曜23:10~
※一部地域を除く

関連記事リンク(外部サイト)

『関ジャム完全燃SHOW』渋谷すばるが教科書定番ソングをロック魂で歌う
『関ジャム完全燃SHOW』MV特集&渋谷の脱退にも言及、夏まで”完全燃焼”していく
『関ジャム完全燃SHOW』知られざるバイオリンの世界、“プロも恐れる超難曲”はTVでもおなじみのアノ名曲

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy