ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三代目JSB・今市隆二が“伝わる話し方”をアドバイス!「ガチガチに決めるのはよくない」

三代目JSB・今市隆二が“伝わる話し方”をアドバイス!「ガチガチに決めるのはよくない」
J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(木曜担当ナビゲーター:三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 今市隆二)。5月10日(木)のオンエアでは、今市がデビュー当時の悩みを告白しました。

■相手に「伝える」話し方

就職活動中のリスナーから、こんな相談が届きました。

面接のときに頭が真っ白になって、うまく相手に伝えることができずに悩んでいます。隆二くんは歌手で、「伝える」ということを仕事にされていますが、どうすればうまく相手に伝えることができるのか教えてください。

今市は、就職活動の経験がなく「面接ってどんな感じなんだろう」とポツリと一言。そのため、「しっかりしたアドバイスは難しいけれど」と前置きをしつつ、自身のデビュー当時について話しました。

今市:たとえば、テレビに出てしゃべったり、ライブでMCしたりするときに、(話すことを)全部ガチガチに固めてたんですよ。言葉も全部決めて。それはそれでいいときもあったのかな? でも、そういうMCとか、テレビでしゃべっているのを自分自身で見てても、やっぱり伝わらないんですよね。

そのため「作り込みすぎると伝わらない」と感じたと言います。その後、経験を積むことで余裕が出てきて「ポイントだけを決めるようにした」のだとか。

今市:「これとこれの話はしようかな」くらいで、あとはその場に応じて思ったこととか感じたことを素直に言うのが一番伝わりますね。普段会話してて、キメキメでしゃべる人なんかいないじゃないですか(笑)。だからあんまりガチガチにするのはよくないかな、というふうに思いますね。

自身の経験を踏まえた上で、面接へのアドバイスを送り「面接はすごく緊張すると思うんですけど、あまり決めすぎず、ちゃんと自分の思いを伝えることができたらいいのかな。情熱ですね!」と結びました。

■新曲『恋と愛』をオンエア!

この日の放送では、三代目JSBの新曲『恋と愛』をオンエア! 曲について今市は「三代目でいうと久しぶりの、しっとりとしたバラードの中でパフォーマーが踊れる曲」とのこと。

今市:恋と愛って違うもの。“恋”は、人を好きになった気持ちとか幸せな時間を共有する感じだと思うんですけど、“愛”になると、ただ好きなだけじゃなく、相手の幸せを思うことだったり、責任感とかも出てくるのかなと思います。

「男性が、相手の本当の幸せを考えて別れる」「男の決意や決断を表現している曲」と話しました。ぜひ、じっくり聴いてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy