ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ビルとテッド』シリーズ第3作目の製作が正式に始動!

『ビルとテッド』シリーズ第3作目の製作が正式に始動!

ファン待望の『ビルとテッド』シリーズ3作目の製作が正式に始動したことが分かった。

アレックス・ウィンター(ビル)とキアヌ・リーヴス(テッド)が主役を務める『ビルとテッド』シリーズ。これまでに第1作目『ビルとテッドの大冒険』(1989年)と第2作目『ビルとテッドの地獄旅行』(1991年)の2作品が公開されている。リーヴスとウィンターは、第3弾の製作について度々言及してきた。

『ハリウッド・レポーター(THR)』は、この第3作目『Bill & Ted Face the Music (原題)』について、公開日はまだ確定していないが、”準備に入っていることは確実”であり、今は製作の準備段階にあると伝えている。

3作目の詳細は下記の通り。監督はディーン・パリソットが、脚本はオリジナル同様、クリス・マシスンとエド・ソロモンが務めるという。

「『ビルとテッド』の第3弾では、タイムトラベルを経験したティーンエイジャーたちの数十年後が描かれます。2人は家族持ちとなり、責任という重荷を背負う中年になりました。彼らは(世界を救うため)沢山の楽曲を作ってきましたが、傑作はおろか、これぞという作品を生み出せていません。そして、時と空間のいたずらに再び巻き込まれた2人は、未来の訪問者に『彼らの歌が救いとなる』と告げられます。幸運に恵まれず、インスピレーションも枯れてしまったビルとテッドでしたが、世界を正しく導き、宇宙に調和をもたらすべく、楽曲を求めて再びタイムトラベルに繰り出すのです。2人を助ける彼らの娘たちや新たな歴史上の人物たちの力を借り、単なる楽曲以上のものを見つけることになります」。

また、『THR』は、キアヌ・リーヴスとアレックス・ウィンターから届いたというコメントを紹介している。「再びコンビを組めることになって、興奮してるなんてもんじゃない。クリスとエドが素晴らしいスクリプトを書いてくれたんだ。ディーンが監督を務めることになったし、ドリームチームが完成したよ!」

脚本担当のエド・ソロモンは先日、新作の内容について、「まるでビルとテッド版『クリスマス・キャロル』みたいになる…人生を振り返って、自分たちのことを再発見する話だ」と明かしている。

■参照リンク
https://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ヴィン・ディーゼル、映画『ワイルド・スピード』第9作がさらに「大きな」作品になると約束!
デッドプールがベッカムに謝罪!?『デッドプール2』の最新プロモーション動画が公開
ロバート・ダウニー・Jr.が着用した『アイアンマン』のスーツが盗まれる!
マーゴット・ロビーが、ブラピとディカプリオ主演のタランティーノ監督最新作に出演!
世界が大注目!米国では英ヘンリー王子とメーガン・マークルの結婚式が映画館で上映へ

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。