ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CHAI、新EP『わがまマニア』を全曲徹底解説! 「キラキラでしょ?」

CHAI、新EP『わがまマニア』を全曲徹底解説! 「キラキラでしょ?」
J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(火曜担当ナビゲーター:CHAI)。5月7日(月)のオンエアでは、5月9日(水)リリースのCHAIの新EP『わがまマニア』に収録されている5曲全曲のオンエアと解説が行われました!

まず1曲目は『We Are Musician』。CHAIいわくこの曲は「タイアップを狙っている!」とのことで、全員が好きなカートゥーン『パワーパフ ガールズ』のイメージで、エネルギッシュでかわいい曲です。曲中の叫び声はユウキが担当していて、普段叫ばないユウキの叫びにも注目です。

最近CHAIに対して「本当に楽器を演奏してるの?」という声があるそうで、「いやいやミュージシャンですよ」という思いがタイトルの『We Are Musician』には込められています。「ここで言わなきゃ手遅れになっちゃう!」「ミュージシャンなんです!」「ちゃんと弾いてるから!」と口々に主張していました。

続いて『アイム・ミー』。4人が踊っているMVでは、カナがぎっくり腰になってしまい、急きょ途中で立ち位置を入れ替えるというハプニングも。

「CHAIで初めてのロマンチックなサウンド」とのことで、サビで頭打ちというサウンドもこの曲までやってこなかったそう。タイトルの『アイム・ミー』からもわかるように、『わがまマニア』を象徴している曲で、CHAIは「わがまま」を悪い意味ではなく「我がまま」「自分のまま」という意味で使っていると言っていました。

そして3曲目の『フューチャー』を流し終えると、「かわいいねえ」「めちゃくちゃかわいくない?」「キラキラでしょ?」「いい曲だねー!」と口々に言うメンバーたち。この曲は制作がスムーズに進んだらしく「すぐできた」そう。

ドラムは16ビートを片手で演奏するというところがポイントで、「両手でやることもできるんだけど、それを敢えて片手でやることによって、ちょっと黒人っぽいグルーヴ、両手でやるグルーヴとは別の、裏を感じるようなグルービーな感じがほしくて、絶対片手でやってやろうと思って」という、思いからそんな演奏に行き着いたのだとか。

4曲目は『FAT-MOTTO』。ビートにこだわり「どうしてもこのリズムでやりたかった」と言う理由は「ベックにハマっていたから」。ベックのイメージをCHAIが曲に落とし込むと「脂肪の曲になった」そうです。「かっこいい曲になったためポジティブなことを言おう」という話し合いの結果、みんなの悩みである脂肪の曲に。これはユウキが「食べても太れない」ことから脂肪への憧れや、「脂肪に対してポジティブになれよ!」という思いが込められています。

最後は「Center of the FACE!」。「とにかく鼻を美しく見せよう」という内容で「大きな野原の真ん中で歌うイメージ」とのこと。空間を大事にしたいゆえに、エンジニアの方とアイディアを出し合いながら作っていったそうです。

『わがまマニア』は、ライブや大きなステージをイメージして、初めて「対・人」を意識して作ったEPで、大きな会場で演奏している自分たちを想像して作ったとCHAIは言います。全曲の解説を終えて「すごいね、やっぱ番組を持つっていいことだね」「こんなことができてしまう、嬉しい!」と感慨深い様子でした。EP『わがまマニア』、ぜひチェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『THE KINGS PLACE』
放送日時:月・火・水・木曜 26時−27時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy