ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パリの街を「水上タクシー」で駆け抜けられるように

パリの街を「水上タクシー」で駆け抜けられるように

リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランス国内にとどまらず、スイスやUAEも興味を示しているようだ。

他の水上タクシーがあるにもかかわらず、なぜ「SeaBubbles」は人気を集めているのか。大きく分けてポイントは2つある。

01.
船酔いしない

パリの街を「水上タクシー」で駆け抜けられるように

「SeaBubbles」は時速12km以上になると、船体が浮く仕組みになっている。だから、波の影響を受けにくく、船酔いを防げるというメリットがある。

02.
二酸化炭素を排出しない

パリの街を「水上タクシー」で駆け抜けられるように

船着き場には水力、風力、太陽光発電の設備が整えられる。ここで生み出された電力は、船体のバッテリーにチャージされる。つまり、どこまで走っても二酸化炭素を排出しない。

ちなみに、目的地をセットすれば最寄りの船着き場を教えてくれ、所要時間も計算してくれるアプリもリリース予定だ。

近いうちに電車と同じくらいの所要時間で、エッフェル塔からノートルダム大聖堂まで、オルセー美術館を横目に見ながら移動できるようになるかもしれない。水上版Uberとまでは言えないかもしれないが、多くの人にとって便利な交通機関になるだろう。Licensed material used with permission by SeaBubbles

関連記事リンク(外部サイト)

飾らない「普段着のパリ」。
日本文化を「パリ流」で楽しむと、おにぎりはこうなった。
「Sounds of Paris」耳で旅するパリ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。