ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画「メンフィス・ベル」のB-17実物がアメリカ空軍博物館で恒久展示へ

映画「メンフィス・ベル」のB-17実物がアメリカ空軍博物館で恒久展示へ

 1990年に公開された映画「メンフィス・ベル」。これはアメリカの爆撃機B-17と、その乗組員の若者たちを描いた実話をもとにした戦争映画。その実話の主人公である実際のボーイングB-17F「メンフィス・ベル」がレストア作業を終え、2018年5月17日からアメリカ空軍博物館で恒久展示されることになりました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 映画「メンフィス・ベル」は、イギリスに駐留してドイツに対する戦いを繰り広げていたアメリカ第8空軍で、「25回の出撃を無事に達成したら本国へ帰れる」という規定を達成しようとしていた爆撃機、ボーイングB-17F「メンフィス・ベル」の25回目の出撃を描いた物語。実在した爆撃機のB-17F「メンフィス・ベル」がモデルとなっています。

 映画「メンフィス・ベル」が作られるきっかけになったのは、アメリカでは既に有名な飛行機であったから。第二次世界大戦中の1944年に公開されたドキュメンタリー映画などにより、アメリカでは最も有名なB-17だったのです。

 実際のB-17F-10-BO「メンフィス・ベル」は、アメリカ陸軍航空隊の登録番号41-24485。ボーイング社シアトル工場で1942年7月2日に製造された製造番号3470の機体です。7月15日にアメリカ陸軍航空隊に引き渡され、1942年9月に第8空軍の第91爆撃航空団に配属されました。9月30日に対ドイツ戦に従事するためイギリスに渡り、最終的に10月14日、イングランドのバッシングボーン空軍基地に移動し、第324爆撃飛行隊(重爆撃機)の一員として作戦に参加しました。コールサインは、飛行隊の割り当て「DF」に機体固有記号の「A」を合わせた「DF-A(デルタ・フォックストロット・アルファ)」。機長を含む10人の乗組員で運用されていました。

 愛称の「メンフィス・ベル」は、機長のロバート・ナイト・モーガン大尉(当時。1965年に大佐で退役)の交際相手、マーガレット・ポークの出身であるテネシー州メンフィスと、副操縦士のジェームズ・ヴァーニス大尉とある時見に行った映画「レディ・フォー・ア・ナイト(1942年公開)」で、ジョン・ウェイン演じる主人公が所有していた船「メンフィス・ベル号」にちなんだものです。

 実は1990年の映画「メンフィス・ベル」で描かれる「25回の出撃を達成したら本国に帰れる」というのは、飛行機の話。撃墜されることが多かったので、25回の出撃をこなして撃墜されなかった機体を象徴的存在としてアメリカ本国で宣伝のために使用しよう……という話だったのです。実際に「メンフィス・ベル」の25回目の出撃で機長を務めたモーガン大尉は、第524爆撃飛行隊で29回目の出撃(「メンフィス・ベル」に乗っての出撃は4回目)でした。


 1943年5月17日。節目となる25回目の出撃で、ドイツが占領するフランスの都市ロリアンへの爆撃を成功させて帰還した「メンフィス・ベル」は、その一部始終をウィリアム・ワイラー監督率いる記録映画クルーによって撮影されていました。この時撮影されたカラーフィルムを編集して作られたのが、ドキュメンタリー映画「メンフィス・ベル:空飛ぶ要塞の物語(Menphis Belle: A Story of a Flying Fortress)」です。

 メンフィス・ベルは、この後1943年5月19日に最後の出撃としてドイツのキール軍港爆撃を実施。通算26回の爆撃成功と、ドイツ空軍の迎撃機8機撃墜の記録を残してアメリカに帰還することになりました。5月26日に開催された式典で、メンフィス・ベルに搭乗経験のある乗組員の中から、モーガン大尉ら10人が選抜されて「メンフィス・ベルとその乗組員」として、イギリスのジョージ6世国王夫妻から祝福を受けています。


 「メンフィス・ベルと10人の乗組員」は、ともにアメリカ本土へ帰国し、1943年6月16日の首都ワシントンD.C.を皮切りに、全米30か所を巡る戦時国債引き受け募集キャンペーンを行いました。こうして「メンフィス・ベル」は、アメリカで最も有名なB-17となったのです。

 終戦後、退役した「メンフィス・ベル」は、スクラップとなる運命が待ち受けていました。それを救ったのがメンフィス市。350ドルでメンフィス・ベルを引き取り、市内各所で展示したのち、1980年代までメンフィス空港に隣接する博物館で展示されていました。しかし野外展示だったこと、そして気象条件があまり飛行機の保存に適していなかったこともあって、部品の盗難や機体の劣化が進んでしまい、傷んでしまったのです。

 ここで2度目の幸運が「メンフィス・ベル」を救います。オハイオ州デイトンにあるアメリカ空軍博物館がこの機体を収蔵し、2005年から10年計画で機体のレストア作業を行うことになったのです。「メンフィス・ベル」は、戦時国債引き受け募集のキャンペーンでこのデイトンにあるライト・パターソン飛行場(現:ライト・パターソン空軍基地)を訪れたことがあり、数十年ぶりに再びこの地を踏むことになりました。

 レストア作業は、できる限りオリジナルの部品を用い、失われた部品も他の機体で使われていたオリジナルを使用して行われました。多くの技術者やボランティアが、この作業に従事しています。

 そして2018年3月14日、レストア作業が終了。その姿が一般に公開されました。姿を現した「メンフィス・ベル」は、終の住処となる空軍博物館の「第二次世界大戦ギャラリー」へと移動。展示への準備が進められました。


 そして2018年5月17日、25回目の出撃を行なった75年後の記念すべき日に、アメリカ空軍博物館で来館者に向けての公開が始まります。これに合わせて博物館では、5月17日~19日に記念イベントを開催。「メンフィス・ベル」を含む3機のB-17、その護衛戦闘機として活躍したP-51が6機静態展示され、160人による第二次世界大戦の戦闘再現イベントや、30台ものクラシックカーや昔の軍用車両の展示なども行われます。この前夜祭の様子はYouTubeで、日本時間の5月17日午前7時30分からライブ配信される予定です。

Image:USAF

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

【レッドブル・エアレース】千葉大会を前に室屋義秀がレース機と記者会見
室屋義秀のエアロバティック飛行に同乗してGを体験してきた 「ん……があぁぁぁ……っ!」
ロイヤルベビー誕生にロンドンで祝砲

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy