ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気声優・梅原裕一郎が入院療養中の「急性散在性脳脊髄炎」ってどんな病気?

sick_vaccine

5月10日、人気若手声優の梅原裕一郎さん(27)が急性散在性脳脊髄炎のため入院していることを所属事務所が発表しました。

梅原さんは毎クール多くのTVアニメに出演し、イベントにも引っ張りだこの人気若手声優。所属事務所アーツビジョンの公式サイトには、「梅原裕一郎が【急性散在性脳脊髄炎】の為、現在、入院、療養をしております。一日でも早く皆様の前に元気な姿を見せられるよう治療に専念しておりますので、今しばらくお待ちいただけますよう、お願い申し上げます。復帰の時期につきましては、改めてご報告させて頂ければと思います」と綴られています。

梅原さんが発症した急性散在性脳脊髄炎(ADEM:アデム)とはどのような病気なのでしょうか? 

厚生労働省のホームページの重篤副作用疾患別対応マニュアルのページにも掲載されている、医薬品医療機器総合機構の文書によると、

<急性散在性脳脊髄炎とは>
原因がはっきりしない場合も多いですが、ウイルス感染後あるいはワクチン接種後などに生じる脳や脊髄、視神経の疾病です。

免疫力が強くなりすぎて逆に自分自身の体を攻撃する自己免疫という現象が起きていると考えられています。
神経線維を覆っている髄鞘(ずいしょう)が破壊される脱髄という現象が起きる疾患です。

と書かれています。ウイルス感染後、ワクチン接種後の副作用などの可能性が高いようです。自分自身で予防することは難しそうですね。

また、

ワクチン接種後の場合は1〜4週間以内に発生することが多く、発熱、頭痛、意識が混濁する、目が見えにくい、手足が動きにくい、歩きにくい、感覚が鈍いなどの症状がある場合にはこの疾病の可能性があります。

重い後遺症を残す場合も多く、死亡率も高い疾患です。特にワクチン接種後の場合は他の場合に比較してその後の経過が悪い傾向があります。

髄液検査やMRIにて診断がつく場合が多いのですが、検査所見に異常が認められない場合もあります。その場合には症状の経過や神経所見のみでとりあえずの診断をしますが、別の疾病の可能性も慎重に検討する必要があります。

知人の中でも、急性散在性脳脊髄炎で危篤状態に陥った、という話を聞きました……。後遺症を残す場合もあるようですが、もちろん軽度~重度までその人や状況によって症状はさまざまだと思います。梅原さんは、現在療養中とのことなので、あまり重い症状ではないことを願います。

ウイルス感染後やワクチン接種後の免疫反応の異常によって引き起こされると考えられている急性散在性脳脊髄炎。

一つの要因としてワクチン接種後の副作用が挙げられていますが、ワクチン接種が危険なのか、というと、メディカルノートのサイトでは、「しかしながら、ワクチン接種による急性散在性脳脊髄炎の発症リスクは1000万回に1〜3.5人程度と決して高くはありません。そのため、それを理由にしてワクチン接種をしないというのは避けるべきであるとされています」の説明も。

避けて通れないワクチン接種。症例数が少なく副作用が起こるのはまれですが、医薬品医療機器総合機構の文書では、ワクチン接種の1~4週間程度後に、「頭痛」、「発熱」、「嘔吐」、 「意識が混濁する」、「目が見えにくい」、「手足が動きにくい」、「歩きにくい」、「感覚が鈍い」などの症状が現れた場合は、医師・薬剤師に連絡することを推奨しています。

参考:厚生労働省 重篤副作用対応マニュアル
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/topics/tp061122-1.html
医薬品医療機器総合機構 急性散在性脳脊髄炎
https://www.pmda.go.jp/files/000143810.pdf[リンク]

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy