ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルース・ウィリス、マイク・タイソンの発掘過程を描く映画『Cornerman(原題)』にコーチ役で出演

マイク・タイソンが発掘された過程を描くドラマ映画『Cornerman(原題)』で、ブルース・ウィリスが有名なボクシング・トレーナーのカス・ダマトを演じる。

本キャスティングは、第71回カンヌ国際映画祭が開幕する直前の5月7日朝(現地時間)に発表された。テレビドラマ『HOMELAND(原題)』に出演しているルパート・フレンドの監督デビュー作となる。

舞台は1980年代のニューヨーク。世界最強のチャンピオンをトレーニングするダマトが、いかにして13歳のタイソンを発掘したかを描く。タイソン役を演じる俳優はまだ確定していない。

撮影は今年秋に開始する予定だ。

「突き詰めると、この作品は、お互いの恐怖を認めさせるに十分なほど勇敢で、かつお互いの偉大さを高め合う2人の猛烈な才能と、その間にある深い愛に関する物語です」と、フレンドは声明で語り、続けて、「信念のために戦う物語であり、本当の強さとは何かを問いかける作品です」とコメントした。

『Cornerman(原題)』の米国内での配給はCAA、海外の配給はIMRインターナショナルがそれぞれ担当する。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy